片山さつき地方創生相 珍答弁連発でも自民党は余裕「勝手に野党とやってて」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

片山さつき地方創生相 珍答弁連発でも自民党は余裕「勝手に野党とやってて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.
厳しい追及を受ける片山さつき地方創生相(撮影/西岡千史)

厳しい追及を受ける片山さつき地方創生相(撮影/西岡千史)

片山さつき氏が代表をつとめる政治団体「山桜会」の元幹部Tが、片山氏の公設秘書I氏(当時)に送った依頼書(画像を一部加工しています)

片山さつき氏が代表をつとめる政治団体「山桜会」の元幹部Tが、片山氏の公設秘書I氏(当時)に送った依頼書(画像を一部加工しています)

 だが、これほど連日ニュースで取り上げられ、片山氏の辞任は時間の問題かと思いきや、自民党は意外にも余裕を持っている。自民党国対関係者はこう話す。

「炎上は想定内。もともと片山さんは内閣府の大臣で重要法案を持っていない。野党に法案を盾に審議拒否されることもないので、『内閣委員会で勝手に野党とやってて』という感じ」

 それでも、今ののらりくらり答弁で国会を乗り切れるのか。

「口利きを依頼した業者は自民党の支援者で、もう話はついていると聞いた。それに片山さんは二階派。前に同じ派閥の今村復興相が失言問題で辞任したとき、二階さんはずいぶんと安倍さんに怒っていた。今回、片山さつきの首を切ったら『また守らなかった』と怒りを買うだろう。それで放置している」

 別の野党議員は、片山氏を辞任に追い込めないいらだちをこう吐き捨てた。

「安保法制で憲法の解釈の変えたぐらいだから、公選法もあっせん利得処罰法も法解釈を変えるぐらい平気なんだよ」

 国会の劣化が止まらない。

(AERA dot.編集部/西岡千史)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい