桐野夏生が見たJKビジネスの危うさ「17歳以下の少女は肉のつき方が違うと目を輝かせ…」

朝日新聞出版の本

2018/10/29 17:20

 貧困や虐待などの問題を抱える少女をサポートする「若草プロジェクト」の設立3周年シンポジウムが青山学院大学(東京都渋谷区)で開かれ、参加した作家の桐野夏生さんらが少女らを取り巻く現状を訴えた。桐野さんは近著『路上のX』の中で親に棄てられ、「JKビジネス」に引きずり込まれる女子高生の姿を描いている。同プロジェクト代表の村木厚子さん、瀬戸内寂聴さんの秘書、瀬尾まなほさん(同プロジェクト理事)らも登壇。桐野さんは取材を進めるうちに、少女たちを食い物にする大人の悪意に衝撃を受けたと明かした。

あわせて読みたい

  • 「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    週刊朝日

    1/11

    「ヤバイよ」藤田ニコルでは防げない 悪質化するJKビジネス

    「ヤバイよ」藤田ニコルでは防げない 悪質化するJKビジネス

    週刊朝日

    7/23

  • 「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    週刊朝日

    1/11

    息子を殴った恋人に礼…母子の虐待の連鎖描いた桐野夏生の新作 「救いを見いだせず、やや絶望的な気持ちで書き進めた」

    息子を殴った恋人に礼…母子の虐待の連鎖描いた桐野夏生の新作 「救いを見いだせず、やや絶望的な気持ちで書き進めた」

    AERA

    11/6

  • 小島慶子「『JKビジネス』を買春のいい言い訳にするオトナたち」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「『JKビジネス』を買春のいい言い訳にするオトナたち」

    AERA

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す