【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
中日にドラフト一位で指名された大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

中日にドラフト一位で指名された大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

 10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議。根尾昂(大阪桐蔭)と小園海斗(報徳学園)に4球団、藤原恭大(大阪桐蔭)に3球団が1位指名するなど、昨年に続いて高校生の野手に人気が集中する結果となった。支配下で83人、育成枠で21人の合計104人が指名されたが、的確な補強だったのかを基準に12球団を採点した。今回はセ・リーグ編をお送りする。

*  *  *

■中日ドラゴンズ:95点
1位 根尾昂(大阪桐蔭・内野手)
2位 梅津晃大(東洋大・投手)
3位 勝野昌慶(三菱重工名古屋・投手)
4位 石橋康太(関東第一・捕手)
5位 垣越建伸(山梨学院・投手)
6位 滝野要(大阪商業大・外野手)

 まずは1番人気だった根尾を抽選で引き当てたことが大きい。ショートには京田陽太がいるためどのように育成していくかという部分が重要にはなるが、ポテンシャルの高さは疑いようがない。若手野手の少ないチームの起爆剤として期待したい。2位の梅津、3位の勝野、5位の垣越とスケールの大きい投手を三人指名し、最大の補強ポイントだった捕手に高校ナンバーワンの実力者である石橋を指名できたことも高得点のポイントだ。欲を言えば、もう一人くらい高校生野手を狙っても良かったが、トータルで見れば狙い通りのドラフトだったと言えるだろう。

■広島カープ:85点
1位 小園海斗(報徳学園・内野手)
2位 島内颯太郎(九州共立大・投手)
3位 林晃汰(智弁和歌山・内野手)
4位 中神拓都(市岐阜商・投手)
5位 田中法彦(菰野・投手)
6位 正隨優弥(亜細亜大・外野手)
7位 羽月隆太郎(神村学園・内野手)
育成1位 大盛穂(静岡産業大・外野手)

 補強ポイントは長くレギュラーが期待できる将来性の高い野手。そういう意味でまず田中広輔、菊池涼介の後釜としてうってつけの小園を指名できたのは何よりも大きい。さらに長打力のある林、スピードが武器の羽月と特徴のある高校生野手を指名して野手の層を厚くしようという意図が感じられた。投手も手薄なサウスポーの補強はなかったが、スピードと将来性が魅力の本格派を獲得。バランスのとれた指名ができたという印象だ。

■ヤクルトスワローズ:70点
1位 清水昇(国学院大・投手)
2位 中山翔太(法政大・内野手)
3位 市川悠太(明徳義塾・投手)
4位 濱田太貴(明豊・外野手)
5位 坂本光士郎(新日鐵住金広畑・投手)
6位 鈴木裕太(日本文理・投手)
7位 久保拓眞(九州共立大・投手)
8位 吉田大成(明治安田生命・内野手)
育成1位 内山太嗣(BC栃木 捕手)
育成2位 松本友(BC福井 内野手)

 2年連続で高校生野手の根尾に入札して外した後は方針転換して大学生投手を狙い、上茶谷は外したものの同じ東都の実力者である清水を確保した。他にもあらゆるカテゴリーから異なるタイプの投手を指名しており、最大の補強ポイントである投手陣を何とか立て直そうという意欲は感じられる。もう一つ評価したいのが、中山、濱田とスラッガータイプの二人を指名したところ。安易に三拍子に走らず、攻撃力を高めようという指名には好感が持てた。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい