成長の種を見逃す日本企業 山形で誕生した「帝人」に学べ

経済プリズム

企業

2018/10/25 07:00

 大手繊維メーカーの帝人は9月末、創立100周年の記念イベントを山形県米沢市で開いた。帝人といえば本社は大阪市にあり、かつては繊維産業で栄えた大阪を地盤にした会社だと思われがちだが、そのルーツは米沢にある。今で言うなら「大学発ベンチャー」として創業し、発展したのが帝人である。

あわせて読みたい

  • 山中伸弥教授が語るiPS細胞特許をめぐる「仁義なき戦い」

    山中伸弥教授が語るiPS細胞特許をめぐる「仁義なき戦い」

    週刊朝日

    10/30

    “科学大国”日本が失速… その裏で“役立つ”研究の増加

    “科学大国”日本が失速… その裏で“役立つ”研究の増加

    AERA

    10/13

  • コカ・コーラはなぜ秘伝のレシピを特許で守らないのか

    コカ・コーラはなぜ秘伝のレシピを特許で守らないのか

    ダイヤモンド・オンライン

    1/23

    日本の科学研究失速で見えたノーベル賞受賞より“大切なこと”

    日本の科学研究失速で見えたノーベル賞受賞より“大切なこと”

    AERA

    10/15

  • 熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    週刊朝日

    10/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す