松田龍平における「メガネあるなし」に関する一考察 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松田龍平における「メガネあるなし」に関する一考察

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

メガネが似合う松田龍平 (c)朝日新聞社

メガネが似合う松田龍平 (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)が10月10日、始まった。主演は新垣結衣。脚本は野木亜紀子。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のコンビ。

【AERAの表紙を飾った可愛いガッキーの写真はこちら】

 期待大。見た。おもしろかった。

 新垣演じる深海晶は、パワハラ社長が経営するサイト制作会社に勤務。秘書業務&営業と仕事はできるが、身分は「営業アシスタント」。秘書がやめ、営業がダメなせいで超長時間労働な上、取引先のおやじに土下座させられ、そいつからセクハラ電話もかかってくる。以上、仕事の部。

 プライベートの部では、彼あり、だけど微妙にマンネリ気味。それでも彼の母親に紹介され、息子と住むようにすすめられる。実は彼の買ったマンションには元カノがいて、ゲーム三昧の引きこもり状態で、そのことに深海は気づいている。

 といった状況がテンポよく進み、最後に深海が逆襲に出る。男子受けするお仕事ファッションから一転、黒い革ジャケットにブーツにサングラスというハイセンス不良ファッションで出社、「社長、これ、私の業務内容の改善要求です」と紙を突きつけ、終了。

 おー。次回からも、期待大。

 という話が書きたいのではない。松田龍平について書きたいのだ。出ている、これに。二人が「獣になれない私たち」なのだ。初回終盤でガッキーを口説き、断られての別れ際、「バカになれたら楽なのにね」と一言。これからのキーワードになる予感満載。

 そこで松田龍平だが、私は彼の出演作品は、ドラマも映画も無条件で見ることにしている。最初のドキドキポイントは、メガネをかけて出てくるか否か。それによって彼の方向が2つに分かれ、作品のトーンが決まる。

 かけて出てくれば、その作品には必ず「軽み」が入る。チャラさではないので誤解しないでいただきたいが、力の抜けた、クスッと笑える感じが出てくる。

 かけずに出てくれば、その作品は「真剣」になる。かけているときはいい加減という意味ではないので誤解しないでいただきたいが、ラストに向かって、ひたすら進んでいく感じになる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい