橋下徹「安倍首相は本当に『何も知らなかった』のか」

朝日新聞出版の本

2018/10/05 07:00

 加計学園による獣医学部新設問題に対して。安倍首相は「プロセスに一点の曇りもない」と自民党総裁選の討論会で強調した。だが、この問題に関して「納税者として怒っている」というのが橋下徹・前大阪市長。国家戦略特区の枠組みで加計学園に獣医学部新設が認められた一連の手続きに、疑わしい点がぬぐえないことももちろんだが、この程度の改革で首相がわざわざ出張らなければいけないことが「異常」だという。近著『政権奪取論 強い野党の作り方』で、既得権と業界団体の意向でがんじがらめの日本の政治に、橋下氏が「喝」を入れる。

あわせて読みたい

  • 姿見えぬ加計理事長 獣医学部をつくりたいワケ

    姿見えぬ加計理事長 獣医学部をつくりたいワケ

    AERA

    6/13

    加計学園の獣医学部新設“白紙撤回”の公算

    加計学園の獣医学部新設“白紙撤回”の公算

    週刊朝日

    8/22

  • 「証人喚問に出る」 制御不能の前川前事務次官爆弾証言でいらだつ安倍官邸

    「証人喚問に出る」 制御不能の前川前事務次官爆弾証言でいらだつ安倍官邸

    週刊朝日

    5/25

    日本獣医師連盟委員長が激白「総理出席の閉会中審査前に“加計ありき”伝えるべき」

    日本獣医師連盟委員長が激白「総理出席の閉会中審査前に“加計ありき”伝えるべき」

    AERA

    7/22

  • 加計・獣医学部が認可へ 前川前文科次官が叱る

    加計・獣医学部が認可へ 前川前文科次官が叱る

    AERA

    11/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す