夏の甲子園、大逆転はなぜ起こった? 光った采配、疑問が残った采配【西尾典文】

2018/08/16 16:00

 今年6月に行われたサッカーのワールドカップ。日本代表は優勝候補のベルギーを相手に後半に入って2点をリードしながら残り25分を守り切れずに8強を逃した。この結果に対しては、明確に逃げ切る意図の選手起用を行わなかった西野朗監督がワールドカップの大舞台で冷静な判断ができなかったと見る意見も多い。このように大舞台では監督の判断が勝負を大きく左右することはよくあるが、今年の夏の甲子園でも同様である。あっという間に試合が終わってしまい、自分の思ったような判断ができなかったと話す指導者も少なくない。そこで今回は、今大会のこれまでの試合で光った采配、疑問に感じた采配をピックアップして紹介したいと思う。

あわせて読みたい

  • 「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英

    「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英

    週刊朝日

    8/20

    スター軍団・大阪桐蔭を撃破する金足農エース・吉田の必殺投法とは? 甲子園名将が分析

    スター軍団・大阪桐蔭を撃破する金足農エース・吉田の必殺投法とは? 甲子園名将が分析

    週刊朝日

    8/21

  • 新「三本の矢」の近江、選抜準V智弁和歌山に金星!

    新「三本の矢」の近江、選抜準V智弁和歌山に金星!

    週刊朝日

    8/7

    夏の甲子園、ベスト4激突! 金足農の快進撃は続くか…大阪桐蔭、春夏連覇は?【西尾典文】

    夏の甲子園、ベスト4激突! 金足農の快進撃は続くか…大阪桐蔭、春夏連覇は?【西尾典文】

    dot.

    8/20

  • 夏の甲子園、「最強」大阪桐蔭を倒すチームはどこだ? 小刻みな継投に苦戦するケースも【西尾典文】

    夏の甲子園、「最強」大阪桐蔭を倒すチームはどこだ? 小刻みな継投に苦戦するケースも【西尾典文】

    dot.

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す