トヨタ創業者の米殿堂入り 章男社長が「継承者は挑戦者であるべき」と檄を飛ばす理由 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トヨタ創業者の米殿堂入り 章男社長が「継承者は挑戦者であるべき」と檄を飛ばす理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
安井孝之dot.#仕事#企業#安井孝之
記念式典の壇上に掲げられたパネルには、豊田喜一郎の写真と当時のグループ企業で働いていた847人の名簿が載せられていた(トヨタ自動車提供)

記念式典の壇上に掲げられたパネルには、豊田喜一郎の写真と当時のグループ企業で働いていた847人の名簿が載せられていた(トヨタ自動車提供)

Gemba Lab代表 安井孝之(やすい・たかゆき)
/1957年生まれ。日経ビジネス記者を経て88年朝日新聞社に入社。東京、大阪の経済部で経済記事を書き、2005年に企業経営・経済政策担当の編集委員。17年に朝日新聞社を退職、Gemba Lab株式会社を設立。著書に『これからの優良企業』(PHP研究所)などがある(撮影/村田和聡)

Gemba Lab代表 安井孝之(やすい・たかゆき) /1957年生まれ。日経ビジネス記者を経て88年朝日新聞社に入社。東京、大阪の経済部で経済記事を書き、2005年に企業経営・経済政策担当の編集委員。17年に朝日新聞社を退職、Gemba Lab株式会社を設立。著書に『これからの優良企業』(PHP研究所)などがある(撮影/村田和聡)

「100年に一度の大変革」の時代は、従来のライバルである自動車メーカーだけでなく、グーグルやアマゾンなどのIT企業も新たにライバルとなり、すでに激しい覇権争いが繰り広げられている。今年5月の決算説明会でのスピーチで、章男社長はそうしたIT企業の動きを「われわれの数倍のスピードで、豊富な資金を背景に、新技術への積極的な投資を続けている」と指摘し、強い危機感をにじませた。

 章男社長は今年1月、米ラスベガスでトヨタを「モビリティーカンパニー」へ変革することを表明した。自動車をつくるだけではなく、自動車と様々なデバイスや情報をつなぎ、新たなサービスを提供するプラットフォーム企業になるという決意表明だった。

 81年前に自動織機の会社から自動車会社へと変わろうとしたトヨタが新しく生まれ変わるには、喜一郎の時代に匹敵する「蛮勇」が必要なのかもしれない。それには1を10や100にする手堅く優秀な人材だけでは十分ではない。喜一郎やその当時の仲間のように0から1をつくり上げるようなベンチャースピリッツを持った人材こそが必要なのだ。

 喜一郎の米国自動車殿堂入りを祝う記念式典は、今のトヨタの強烈な危機感の表れでもあった。(Gemba Lab代表 安井孝之)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい