発達障害とうつ発症 45歳ひきこもり主婦が子育て疲れと夫の浪費癖に向き合えた理由 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

発達障害とうつ発症 45歳ひきこもり主婦が子育て疲れと夫の浪費癖に向き合えた理由

連載「ぶらり不登校」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「子どもの命を守ること」を最優先にやったこととは(※写真はイメージ)

「子どもの命を守ること」を最優先にやったこととは(※写真はイメージ)

「家事手伝い」「主婦」という肩書きがあるがゆえ、内閣府の統計から漏れていた既婚女性のひきこもり。その実態が、当事者団体である「ひきこもりUX会議」の調査で明らかになった。回答した143人の女性うち、既婚者は4人に1人。中でも、専業主婦(配偶者と同居し、収入がない人)がひきこもるようになった原因は、コミュニケーション不安(81%)、精神的な不調や病気(75%)、家族以外の人間関係(66%)だった。

【調査結果】夫以外の接し方がわからない…“既婚女性”のひきこもり実態

 リョウコさん(仮名、45歳)もひきこもり主婦の一人。高校を卒業後に就職した建設会社でいじめを受け、結婚・退職後は自宅にひきこもるようになった。躁うつ状態も経験し、27歳のころに出産。子育てに追い詰められた彼女を救った人とは。不登校新聞の編集長、石井志昂さんが聞いた。
*  *  *
――「ひきこもり歴が21年」というリョウコさんですが、そのきっかけはなんだったのでしょうか?

 25歳で退職したのを機にガクッときたのが直接のきっかけでした。

 私は高校卒業後、すぐに建設会社に就職しました。就職したのは1990年。87年に男女雇用機会均等法が施行され、女性にも門戸が広がり始めた時期でした。私自身も「仕事さえできれば上がっていける」と感じていたときです。

 ところが私は「歓迎されない新入社員」でした。入社前のあいさつ時、事務員の女性から「私、あなたには入ってほしくない」とも言われました。私も若かったので「そんな人もいるよな」と思っていましたが、かなり多くの社員がそう思っていたみたいです。

 私への嫌がらせは露骨でした。

 書類ミスがあれば私だけは最初から書き直しを命じられたり、わざと負担の大きい仕事を押し付けられたりしていました。「どこの馬の骨のやつかわからないから信用できない」とも言われ、社内で出回る「結婚できなさそうな人ランキング」という番付表ではいつも1位。あからさまにバカにされることも多かったです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい