世界最大・最悪の嘘「原爆神話」 大学教授、新聞記者の二人の民間人が生み出したものだった! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界最大・最悪の嘘「原爆神話」 大学教授、新聞記者の二人の民間人が生み出したものだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上泰浩dot.#朝日新聞出版の本#読書
1945年8月6日、原爆投下で広島市上空に広がるキノコ雲(米軍機から撮影/米軍)

1945年8月6日、原爆投下で広島市上空に広がるキノコ雲(米軍機から撮影/米軍)

1945年8月5日、原爆投下の報を待つトルーマン米国大統領(中央/朝日新聞社提供)

1945年8月5日、原爆投下の報を待つトルーマン米国大統領(中央/朝日新聞社提供)

1945年8月、原爆被爆直後の原爆ドーム(松本栄一撮影) (c)朝日新聞社

1945年8月、原爆被爆直後の原爆ドーム(松本栄一撮影) (c)朝日新聞社

ハーバード大学学長コナント

ハーバード大学学長コナント

ニューヨークタイムズ記者ローレンス

ニューヨークタイムズ記者ローレンス

 もちろん、安全保障戦略を練り上げる政府・軍では、アメリカの国防と世界覇権の維持の視点から核兵器戦略が考えられています。また、アメリカが他国を圧倒する数と高性能の核兵器を保有することによる核の抑止力で全面戦争を防いでいると、リアリズム(パワー、軍事力を中心にすえる理論)の政策決定者や学者は正当化しています。

 ただ、一般の人々が核兵器を持ち続けなければと考える理由は、心情的なものです。神話は信仰のように根強いもので、人々の思考を導き、価値判断の基準にもなります。

■NYタイムズ記者とハーヴァード大学長によるフェイクニュース拡散

アメリカ人の原爆理解を操作し神話を確立させた首謀者は、政府役人や軍人ではありません。ニューヨークタイムズの記者(ウィリアム・L・ローレンス)、そして、ハーバード大学の学長(ジェイムス・B・コナント)の二人です。

拙書『アメリカの原爆神話と情報操作』(朝日選書)では、アメリカ人の原爆理解がどのように作り出されてきたかについて、二人に焦点を当てました。陰に隠れた彼らの策略を説明しながら原爆神話の形成と確立、そして虚構を解き明かしたつもりです。

タイムズ紙記者とハーバード大学長の貢献なくしては、今も続く原爆神話が確立されはしなかったでしょう。軍と裏取引をしたローレンス記者は原爆を世界に告げた大統領声明からメディアに提供された資料や模範記事まで準備し、放射能とその影響を否定する記事(例えば「原爆後の広島に放射能はない」)を書き続けました。つまり、フェイクニュースの拡散者でもあったのです。

ハーバード大学長となり原爆開発の統括責任者を務めたコナントは、若いころは毒ガスの開発と大量生産の第一人者でした。学長としてホワイトハウスの戦時内閣入りし、アメリカ人の原爆理解(例えば「原爆は多くの命を救った」)の決め手となった情報操作を自ら企て、神話を確立させました。さらに、人口密集地を原爆の標的としたのは、彼の提唱によるものです。

 SNS時代の現象のように感じられるフェイクニュースとその拡散ですが、70年以上前の原爆神話の形成もフェイクニュースによるものでした。その影響は今も続いています。(広島市立大学国際学部教授・井上泰浩)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい