西日本豪雨で最も雨が降った高知県で被害が小さかった理由とは?

2018/07/14 11:30

 平成最悪の被害規模となった西日本豪雨。死者・行方不明者の数は16府県で200人を超え、なお捜索が続いている。府県別の死者数では広島、岡山、愛媛の3県で犠牲者が多い。被害が拡大した原因は、想定外の雨量にある。長時間にわたって大雨が降ったこをを示す72時間雨量では、3県の計43地点で観測史上1位を記録した。

あわせて読みたい

  • あの日から2年 四国に大災害をもたらした西日本豪雨を振り返る

    あの日から2年 四国に大災害をもたらした西日本豪雨を振り返る

    tenki.jp

    7/6

    豪雨が東京直撃だったら「死者7400人、被害総額64兆円」と専門家が試算

    豪雨が東京直撃だったら「死者7400人、被害総額64兆円」と専門家が試算

    dot.

    7/9

  • 「国は住民の命よりダムを優先した」 本当は恐ろしいダム称賛論

    「国は住民の命よりダムを優先した」 本当は恐ろしいダム称賛論

    週刊朝日

    11/4

    大雨が継続した理由を解説<平成30年7月豪雨>

    大雨が継続した理由を解説<平成30年7月豪雨>

    tenki.jp

    7/12

  • 「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    tenki.jp

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す