「ああ言えば、上祐」の言葉を作った記者が語る 死刑執行で神格化された麻原彰晃の危険性

オウム真理教

2018/07/06 18:43

 オウム真理教・元代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(63)ら元幹部7人の死刑が執行された。1995年3月に地下鉄サリン事件が起きてから23年。多くの記者が事件の解明に取材を続けてきたなかで、事件直後に「ああ言えば、上祐」の言葉を生み出したジャーナリストの二木啓孝氏は、現在でもオウム事件には「残された謎が多い」と話す。その真意を聞いた。

あわせて読みたい

  • 27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)>

    27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)>

    週刊朝日

    7/6

    オウム“村井事件”の実行犯が激白 「僕が村井を刺した本当の理由」

    オウム“村井事件”の実行犯が激白 「僕が村井を刺した本当の理由」

    週刊朝日

    7/6

  • 【特集】オウム真理教事件 死刑執行の真相と深層

    【特集】オウム真理教事件 死刑執行の真相と深層

    dot.

    7/6

    「ひかりの輪」上祐史浩代表の会見全文「麻原教から離反、批判したので緊張感あった10年」

    「ひかりの輪」上祐史浩代表の会見全文「麻原教から離反、批判したので緊張感あった10年」

    dot.

    7/6

  • 麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露

    麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露

    週刊朝日

    6/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す