ケガさえなければ…不慮の事故でキャリアが変わった悲運の選手たち【西尾典文】

2018/06/15 16:00

 6月9日、野球界を大きな衝撃が走った。開幕から投打に渡る大活躍を見せていた大谷翔平(エンゼルス)が右肘靭帯の損傷で故障者リスト入りしたのだ。症状についてはさまざまな情報が飛び交っているが、手術した場合は長期離脱は避けられない状況である。今は軽症であることと完治することを祈るのみだが、過去にも故障によって選手生命に大きな打撃を受けた選手は少なくない。アキレス腱断裂の重傷を負った前田智徳(広島)はその代表例だが、そこまでの実績を残すことなく球界を去った例も多い。今回はそんな“悲運の選手”について紹介したい。

あわせて読みたい

  • “ケガさえなければ”超一流に? 「万全の状態」で見てみたい野球選手は…

    “ケガさえなければ”超一流に? 「万全の状態」で見てみたい野球選手は…

    dot.

    11/17

    日本では“ダメ助っ人”だったけど… 韓国&台湾で活躍した選手は多い!

    日本では“ダメ助っ人”だったけど… 韓国&台湾で活躍した選手は多い!

    dot.

    5/24

  • 広島はスター候補多し、巨人は野手育成が不可欠! “若手充実度”ランキング【セ・リーグ編】

    広島はスター候補多し、巨人は野手育成が不可欠! “若手充実度”ランキング【セ・リーグ編】

    dot.

    1/25

    江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    週刊朝日

    5/5

  • あの輝きはどこへ… 近年で“2年目のジンクス”に苦しんだ選手列伝

    あの輝きはどこへ… 近年で“2年目のジンクス”に苦しんだ選手列伝

    dot.

    1/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す