美女軍団の「ほほ笑み外交」の次はパラリンピック 「障害者を追放した」北朝鮮が豹変

北朝鮮

2018/02/16 12:26

 オリンピックは誰のためにあるのか──。北朝鮮が平昌オリンピックを舞台に怒涛の「ほほ笑み外交」を展開して、韓国のみならず日本のテレビも“メディアジャック”している。

あわせて読みたい

  • “兄を守るため” 金正恩氏の実妹・与正氏が南北関係で前面に立つ理由

    “兄を守るため” 金正恩氏の実妹・与正氏が南北関係で前面に立つ理由

    AERA

    7/3

    「金正恩死亡説」誤報も妹・与正氏が1120年ぶりに北朝鮮の女王になる日

    「金正恩死亡説」誤報も妹・与正氏が1120年ぶりに北朝鮮の女王になる日

    週刊朝日

    5/3

  • 脱北者は「汚物」…苛烈な言葉の金与正氏、その人物像は 政治を志向するも女性の壁に阻まれた過去

    脱北者は「汚物」…苛烈な言葉の金与正氏、その人物像は 政治を志向するも女性の壁に阻まれた過去

    AERA

    6/30

    打倒・金正恩を目指す反北朝鮮組織の幹部が米国で逮捕 謎の組織「自由朝鮮」の正体

    打倒・金正恩を目指す反北朝鮮組織の幹部が米国で逮捕 謎の組織「自由朝鮮」の正体

    週刊朝日

    4/26

  • 姜尚中「華麗なる北朝鮮の『ほほえみ外交』、こと米国との関係になると…」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「華麗なる北朝鮮の『ほほえみ外交』、こと米国との関係になると…」

    AERA

    2/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す