フィギュア・宮原知子のケガを強さに変えた 日本スケート界を支える医師たちの選択

健康

2018/02/08 16:00

 平昌五輪がまもなく開幕する。一方、国内では2020年東京五輪という一大イベントを控え、スポーツ熱も高まりを見せている。選手が競技でベストを尽くすためには、どれだけ良い状態でトレーニングや試合に臨めるかが重要だ。発売中のAERAムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる2018』では、専門の医療分野でスポーツ外傷・障害と向き合い、アスリートの活躍を支えるスポーツドクターを競技別に取材。ここではフィギュアスケートを紹介する。

あわせて読みたい

  • 「ママさんバレーで肩の筋を断裂」中高年が陥りやすい“健康のための運動”の罠

    「ママさんバレーで肩の筋を断裂」中高年が陥りやすい“健康のための運動”の罠

    dot.

    10/14

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    dot.

    5/16

  • 中高年が「スポーツの秋」に気をつけたい やりすぎてはいけない運動

    中高年が「スポーツの秋」に気をつけたい やりすぎてはいけない運動

    dot.

    10/10

    ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?

    dot.

    9/9

  • 女性アスリートのPMS研究成果 ビジネス現場への応用に期待

    女性アスリートのPMS研究成果 ビジネス現場への応用に期待

    AERA

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す