アンタッチャブル柴田と「親友契約」を結んだ響・長友の次なる野望は?

2017/12/26 11:30

 セーラー服におかっぱ頭、スカートとブラウスの間からポロリと出たお腹のお肉。「どうもすみませんでした」のフレーズでお茶の間を沸かせたお笑いコンビ、響の長友光弘さん。現在、福岡県に本店をもつラーメン屋、暖暮(だんぼ)のフランチャイズ店を宮崎県で2店舗、共同オーナーとして経営し、副業として年商5800万円をあげたのは、記憶に新しい。近々、3店舗目を出店計画するが、そのラーメン屋オーナーになるきっかけを作ってくれたのは、意外な人物だった。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す