感情的な説教は「パワハラ」烙印 年上部下、ダメ若手を無難に使いこなす上司術とは?

仕事

2017/12/20 11:30

 過去の成功にこだわり、新しいやり方を受け入れようとしない年上部下。ちょっと厳しいことを言ったら、翌日から会社に来なくなる打たれ弱い若手……。人が勝手に育つ環境が崩壊し、日本企業における部下の指導・育成は難しさを増している。そんな中注目を集めるのが、「フィードバック」という部下の指導・育成手法だ。「耳の痛いことも部下に伝え、彼らの成長を立て直す」というフィードバックは、説教やダメだし、コーチングとは何が違うのだろうか。

あわせて読みたい

  • 部下を叱る時、「よくやっていると思うよ、君も」がNGフォローな理由

    部下を叱る時、「よくやっていると思うよ、君も」がNGフォローな理由

    dot.

    1/4

    やっかいな部下に耳の痛いことを上手に伝える事前準備とは?

    やっかいな部下に耳の痛いことを上手に伝える事前準備とは?

    dot.

    12/27

  • デキる課長のコミュニケーション【部下編】 「見てくれてる」実感が成果につながる

    デキる課長のコミュニケーション【部下編】 「見てくれてる」実感が成果につながる

    AERA

    10/3

    “耳の痛い話”を上手に伝えたいなら「愛」がポイント

    “耳の痛い話”を上手に伝えたいなら「愛」がポイント

    dot.

    12/4

  • エース級社員がつぶされる… 「クラッシャー上司」の実態

    エース級社員がつぶされる… 「クラッシャー上司」の実態

    dot.

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す