年俸安くても効率的に勝ったのは…コスパがいい球団、悪い球団【2017年版】 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年俸安くても効率的に勝ったのは…コスパがいい球団、悪い球団【2017年版】

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.

連覇した広島はコスパもよかった! (c)朝日新聞社

連覇した広島はコスパもよかった! (c)朝日新聞社

 その反対に、最も1勝当たりの年俸額が少なかったのが広島で「1勝=1897万円」。若手の多いチーム構成が、12球団ナンバーワンの優れたコストパフォーマンスを叩き出した。

 その広島にわずかに及ばなかったが、日本シリーズまで勝ち上がったDeNAがポストシーズンの計8勝分を加えて「1勝=1958万円」と健闘。球団およびアレックス・ラミレス監督のマネジメント能力も反映された数字だと言える。

 また、CSファイナルステージ進出を果たした楽天もポストシーズンでの計4勝を合わせて「1勝=2407万円」、後半戦で強さを見せた西武も「1勝=2544万円」と高いコストパフォーマンスを発揮。年俸額で球団間格差が広がる一方、成績面では高額年俸チームの低迷が目立ち、改めて“育成型チーム”の健闘が光った2017年だった。

【2017年・12球団1勝当たりの年俸額】
巨人     5120万円(72勝)
ヤクルト   4982万円(45勝)
ソフトバンク 4166万円(94勝+7勝)
ロッテ    4021万円(54勝)
日本ハム   3663万円(60勝)
阪神     3214万円(78勝+1勝)
オリックス  3124万円(63勝)
中日     3074万円(59勝)
西武     2544万円(79勝+1勝)
楽天     2407万円(77勝+4勝)
DeNA    1958万円(73勝+8勝)
広島     1897万円(88勝+1勝)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい