年収1億円の投資家になった元商社マンが、苦悩、挫折、絶望を経て会社を辞めるまで

仕事

2017/11/15 07:00

 人生100年時代。何もしなければ、いずれジリ貧になるのを感じている人は多いのではないだろうか。投資家、経営コンサルタントとして収入源を18個まで増やし、年収1億円、世界を旅する生活を実現し、『ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ』を著した北川賢一さんにも、つらい商社マン時代があった。
新卒で入った商社の何がつらくて、どのように会社を辞めて独立する決断をしたのか──。会社を辞める一歩を踏み出すまでの「苦悩の日々」について、北川さんに話を伺った。

あわせて読みたい

  • 光熱費が払えない… 元商社マンが会社を辞めて直面した現実と、成功するために守り続けた「二つのこと」

    光熱費が払えない… 元商社マンが会社を辞めて直面した現実と、成功するために守り続けた「二つのこと」

    dot.

    12/6

    年収460万円会社員が47歳で「FIRE」を達成できたワケ 「ケチ投資」で1億円成して早期退職

    年収460万円会社員が47歳で「FIRE」を達成できたワケ 「ケチ投資」で1億円成して早期退職

    AERA

    4/1

  • 年収1億円の人は、いつも違う場所で打ち合わせをする?

    年収1億円の人は、いつも違う場所で打ち合わせをする?

    BOOKSTAND

    2/24

    FIREは早期退職でのんびりではない? 「働くことはやめない」達成者たちの人生観

    FIREは早期退職でのんびりではない? 「働くことはやめない」達成者たちの人生観

    AERA

    12/2

  • 株で2億円を稼いだ現役サラリーマンの教え「典型的な失敗パターン」

    株で2億円を稼いだ現役サラリーマンの教え「典型的な失敗パターン」

    ダイヤモンド・オンライン

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す