【ドラフト展望】中日 球団史上最悪の“低迷期”脱出へ必要な選手は… (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】中日 球団史上最悪の“低迷期”脱出へ必要な選手は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

おすすめは早稲田実の清宮よりも広陵・中村 (c)朝日新聞社

おすすめは早稲田実の清宮よりも広陵・中村 (c)朝日新聞社

 今年も運命のドラフト会議が迫ってきた。甲子園を熱狂させた“あの選手”は一体どのチームに行くのか、野球ファンは固唾を飲んで見守っている。そこで、ニュースサイト「AERAdot.」では、年間300試合以上を現地で取材する、野球ライターの西尾典文氏に球団別のおすすめ選手を選んでもらった。今回は今季セ・リーグ5位に低迷した中日ドラゴンズだ。

【写真】「おすすめ選手・その2」はこの選手

*  *  *

 球団ワースト記録を更新する5年連続Bクラスに終わった中日。低迷の要因は世代交代の失敗であり、落合博満GM時代に獲得した社会人出身の選手も戦力になっておらず、チームの将来像がなかなか見えてこない。

 特に深刻なのが野手陣だ。センターの大島洋平、ショートの京田陽太以外はレギュラーが白紙の状態であり、今後が楽しみな若手も少ない。投手陣も鈴木翔太、小笠原慎之介、柳裕也などの若手にブレイクの兆しはあるが、不安定なリリーフ陣の補強は必要だろう。

【おすすめ選手・その1】
中村奨成:広陵 捕手 181cm 78kg 右投右打

 夏前には清宮幸太郎(早稲田実)の指名を目指す報道も出たが、チーム事情を考えると中村の方が優先度は高い。捕手は長年の補強ポイントで、それなりに選手も獲得しているものの、レギュラーを固定できない状況が続いている。中村はまず捕手に必要なスローイング、フットワークではすでにプロでも上位のレベルにあり、夏の甲子園で猛打を見せたように打撃センスも申し分ない。10年以上の長期レギュラーを任せられる捕手の素材はそうそう出てこないだけに、最優先で指名すべきだろう。

【おすすめ選手・その2】
増田珠:横浜 外野手 181cm 83kg 右投右打

 捕手以外にも若手野手が枯渇している状況で、特に外野はベテラン偏重で将来性のある若手がいないだけにスケールの大きな選手が必要だ。そんな需要にぴったり当てはまるのが増田である。バッティングに注目が集まりがちだが、守備範囲の広さと強肩も兼ね備えており、外野手の総合力では間違いなく高校ナンバーワンだ。高校時代の平田良介に比べると長打力では劣るが、打ち方に悪い癖がなく、即戦力度は上である。将来のセンター候補としてぜひ獲得を目指したい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい