AERA dot.

元SEALDs 諏訪原健「森友・加計問題に触れず、野次を排除する安倍総理の“ステルス街頭演説”への違和感」

連載「20代の処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

つくば駅前で街頭演説を行った安倍総理(撮影・諏訪原健)

つくば駅前で街頭演説を行った安倍総理(撮影・諏訪原健)

 10月22日投開票の衆院選挙がいよいよ告示された。街頭演説のスケジュールを隠し、「ステルス」(隠密)などとメディアから揶揄されている安倍晋三総理の街頭演説を聞きに行った元SEALDs 諏訪原健さんが感じた違和感とは?

*  *  *
 安倍総理がつくば駅前で10月3日夕、街頭演説会を行うと知り、足を運ぶことにした。総理は先月25日の記者会見で、森友・加計学園疑惑について、「国民の皆様に対しご説明しながら選挙を行う」と語っていた。しかし本当にしっかり説明をするのだろうか…そんな思いを抱きながら、駅前へと向かった。

【写真】つくば駅前で街頭演説を行った安倍総理はこちら

 駅前に着いたのは、演説会の始まる20分ほど前だったが、すでに街宣車の周辺には人が溢れかえっていた。安倍総理は予定よりも少し遅れて、会場に到着した。総理の姿が見えると、一部の集団から「キャー!」と黄色い歓声が上がる。国民の代弁者にしか過ぎない前代議士に熱狂する姿は、私の目には異様に見えた。

 安倍総理が街宣車の上に立つと、すぐ目の前にいた男性が「アベ政治を許さない」と印刷されたプラカードを掲げ始めた。周囲には党の関係者もおり、怪訝な顔でその男性を見つめている。しばらくすると、オレンジ色のナイロンジャケットに身を包み、「自由民主党」ののぼり旗をもった、体格のいい男性スタッフ2名が、彼のところにやってきた。そして街宣車の上からはプラカードが見えなくなるように、のぼり旗を立て、プラカードを持った男性の前に立ちふさがった。

 スタッフの聴衆を威圧するような態度にも疑問を感じたが、それ以上に違和感を覚えたのは、のぼり旗の掲げ方だった。私がもしスタッフで、どうしてもプラカードを隠したいと思ったならば、まずはメディア関係者の位置からどう見えるかを気にするだろう。しかし彼らにとっては、国民からどう見られるかよりも、安倍総理のご機嫌を損ねないことのほうが大切だったようだ。

 演説会の途中では「安倍やめろ」の声も聞こえてきた。しかしその声も、コールが繰り返されるにつれて、どんどん遠くなっていく。私の位置からは何が起きたのか見えなかったが、街宣車から離れたところへと排除されたようだった。そんなこともあり、会場にはピリピリとした空気が流れていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   安倍政権 , 諏訪原健 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加