姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『英語で読む村上春樹』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中

 ラジオDJ歴20年の秀島史香さんが新人時代に気づいたのが、姿勢の重要さです。姿勢は見た目だけではなく、ラジオDJの命でもある声にもいい影響があり、疲労や集中力にも変化を感じたそうです。ここでは秀島さんが自著『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』でも紹介している、いい姿勢のつくり方と効用をご紹介します。

*  *  *
 私の新人時代、1990年代の終わり、インターネットが「おもしろい仕掛けになりそうだ」とラジオの世界にも導入され始めました。「スタジオの様子も写真に撮って載せよう」と、マイクに向かっている私の姿をスタッフが撮影したのですが、その写真を見て驚きました。

 まがりなりにも(?)20代のうら若い乙女なのに、後ろ姿は猫背のおばあさん……。ショックでした。これではどんなに声や身だしなみに気を遣おうと、全体像の印象として、詰めが台無しです。仕事中でも家にいても、まずは姿勢をピッと正すことを意識するようにしました。

 そうして、姿勢を正すようになってから、うれしいことがいろいろ起き始めたのです。まず、疲れにくくなりました。ちょっと仕事で無理をした1日の終わりでも、ズシンとした体の重さを感じなくなってきたのです。さらに集中力もアップ。それまでは、何かをしていても、つい別のことが気になってしまい、メールをチェックしたりコーヒーを飲んだりとソワソワしていたのですが、姿勢を正すことで気が引き締まり、一つのことに集中して一気にこなせるようになりました。

 そして、何よりもうれしかったのは、声にハリが出てきたように感じたのです。

 やはり、音楽の先生が言っていた「人間は体全体が楽器なのよ」という言葉は本当でした。楽器のボディの部分である体がぐにゃぐにゃ曲がっていたら、ちゃんとした声を出そうとしても無理ですよね。息も無駄に漏れるからすぐ疲れる。かすれるのも当然。本来の呼吸ができないから、吸うのも吐くのも浅くなり、苦しくなって焦って噛む。恐ろしや、この悪循環をすべて自分でつくり出していたのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい