AERA dot.

あの国民的アイドルが最期まで大事にした夏目雅子の手紙

夏目雅子の兄が語る60年目の真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.#がん#病気

気配りを大切にしていた夏目雅子さんはスタッフや共演者からとても愛されたという(提供/夏目雅子ひまわり基金)

気配りを大切にしていた夏目雅子さんはスタッフや共演者からとても愛されたという(提供/夏目雅子ひまわり基金)

夏目雅子さんの兄・小達一雄さんと田中好子さん(c)朝日新聞社
「夏目雅子ひまわり基金」ホームページ
http://www.himawari-kikin.com/

夏目雅子さんの兄・小達一雄さんと田中好子さん(c)朝日新聞社
「夏目雅子ひまわり基金」ホームページ http://www.himawari-kikin.com/

 夏目雅子さんを懸命に看病した兄・小達一雄さんが、母・スエさんらと一緒に「夏目雅子ひまわり基金」を始めたのは1993年12月1日。現在でも、抗がん剤の副作用で髪の毛を一時的に失った人を対象に、毎年500~700人にかつらの無料貸し出しをしている。そのスタートには、雅子さんの親友で女優の田中好子さんが大きな役割をはたした。

【写真特集】美しすぎる夏目雅子の秘蔵写真はこちら

*  *  *

 夏目雅子さんを懸命に看病した一雄さんは、雅子さんの死後、1993年12月に「夏目雅子ひまわり基金」を始めた。

 しかし、立ち上げ時は不安だらけだった。雅子さんが亡くなってから、すでに8年が経っている。はたして、テレビや新聞などのメディアが取り上げてくれるのか。思案する一雄さんにある一つのアイデアが浮かんだ。雅子さんとの縁で知り合い、91年に結婚した元キャンディーズで女優の田中好子さんに協力してもらうことだった。

「私が妻にお願いごとをしたのはあの時が始めて。当時は芸能人だけではなく、一般の人でも『ボランティア活動』なんて考えはなかった。好子に『雅子を甦らせたいんだ。福祉で雅子が甦るんだ』と話したんです。すると、『わかった。やります』と言ってくれました」

 日本でボランティア活動が広がったのは、95年1月の阪神・淡路大震災だった。多くの市民が無料で被災地支援活動に参加して、今では95年は「ボランティア元年」と呼ばれている。裏を返せば、それまでは「ボランティア」という概念が、ほとんどの日本人になかったということだ。

 そんな時代に、国民的アイドルだった好子さんが基金の広報役として無償協力したことの影響は大きかった。記者会見で好子さんがスピーチをすると、新聞やテレビがこぞって基金のことを取り上げた。事務所への電話は鳴り止まず、3つの回線はパンク。事務所周辺の数千世帯の通話に影響が出るほどだったという。

 好子さんにとって、雅子さんは頼りになる友人だった。一雄さんは言う。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   がん , 病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加