歯医者のギモンを歯科医に直撃! なぜ途中で歯科衛生士に交代するの? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歯医者のギモンを歯科医に直撃! なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?(※写真はイメージ)

なぜ途中で歯科衛生士に交代するの?(※写真はイメージ)

 今回取材した歯科医院はどこも、「ひとりの歯科医師が、同じ時間帯に何人もの患者を診ることはしません」と言います。

「それでも、診療時間を有効活用するために、同じ時間帯に複数の患者を診る診察スタイルをとる歯科医院もあるとは思います」と話すのは、千駄木あおば歯科院長の谷田部優歯科医師です。

「歯の型どりをしている時間や麻酔が効くまでの時間は、歯科医師の待ち時間になります。その間に別の患者さんを診るということはあり得るでしょう」

 同じ時間帯に予約を入れていなくても、結果的にダブってしまうケースもあるようです。

「歯科は外科的な治療なので、症状によっては予想以上に時間がかかってしまうこともあります。膿(うみ)がたまって麻酔が効きにくい、痛みがひどくてすぐに治療に入れない、急患が入る、患者さんが遅れてきた……などがあると、時間が重なってしまうこともあるのです」

 若林歯科医師は「キャンセルの予防」で複数の予約を入れている歯科医院の存在を指摘します。

「突然キャンセルが出ると、その時間が無駄になり歯科医院にとっては損失です。その気持ちはわかりますが、それで患者さんが不利益を被るとすれば問題でしょう」

Q:なぜ途中で(歯科衛生士に)交代するの?

A:「途中で歯科医師から“お姉さん”に交代しちゃうのはなぜ? 最後まで診てよ」という声も。いえいえ、それは「お姉さん」ではなく「歯科衛生士」。口腔内の衛生管理のプロフェッショナルなのです。

 歯の治療のあと、歯石の除去や歯みがき指導をしてもらうことがあります。これは歯科医師にもできるのですが、歯科衛生士にバトンタッチする歯科医院が増えてきました。もし、この人を「若いお姉さん」と思うなら勉強不足。れっきとした国家資格を持つプロフェッショナルなのです。

「説明が不足しているのでしょうね」と、若林歯科医師は笑います。

「病院であれば、看護師が問診したり、採血したり、注射をしたりしますね。それを私たちは違和感なく受け入れています。歯科衛生士もそのような立場の人で、歯科医療や予防の専門家なのだと歯科医師が説明する必要があります」

 近年ますます存在感が増す歯科衛生士。歯のクリーニングだけでなく、正しい歯みがき方法の指導や、食生活への適切な助言は歯の健康に欠かせません。よい歯科衛生士がいる歯科医院は、予防に力を入れていると思ってまちがいはないでしょう。

<答えてくれた歯科医師>
若林歯科医院 院長 若林健史(わかばやしけんじ) 歯科医師
千駄木あおば歯科 院長 谷田部優(やたべまさる) 歯科医師
クラジ歯科医院 院長 倉治(くらじ)ななえ 歯科医師

(取材・文/神素子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい