本職刑事が苦笑い? 刑事ドラマのあぶない違法捜査

ドラマ

2017/07/15 16:00

 刑事ドラマはいつの時代も人気が高いが、なかには「本当にこんなことがあるの?」と首をかしげたくなるようなシーンもある。刑事ドラマはあくまでエンターテインメントなので、大げさなシーンが多少あるのは致し方ない。だが『そこが知りたい!日本の警察組織のしくみ』(朝日新聞出版)の監修者である古谷謙一さんによると、それでも、本物の刑事が見たら苦笑するような捜査方法が出てくることがあり、「これは違法捜査なのでは?」となる場面もあるそうだ。

あわせて読みたい

  • 警視庁がたくらむ「2ちゃんねる撲滅作戦」

    警視庁がたくらむ「2ちゃんねる撲滅作戦」

    週刊朝日

    12/14

    刑事ドラマの「本庁と所轄の対立」はウソ? 実は関係は良好だった

    刑事ドラマの「本庁と所轄の対立」はウソ? 実は関係は良好だった

    dot.

    7/14

  • 「取調室でカツ丼」が禁止に!? 実際とはこんなに違う取調室の実態

    「取調室でカツ丼」が禁止に!? 実際とはこんなに違う取調室の実態

    dot.

    7/16

    「あぶない刑事」、“斜め上をいく”警察コラボポスターが話題!

    「あぶない刑事」、“斜め上をいく”警察コラボポスターが話題!

    dot.

    2/15

  • 警察に「共謀罪」を与えて大丈夫か

    警察に「共謀罪」を与えて大丈夫か

    AERA

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す