dot.[ドット]

ドラクエ11、 “異例”の「PS4&3DS」同時発売の狙いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

 スクウェア・エニックスは4月11日に発表会を開き、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(ドラクエ11)を7月29日に発売することを明らかにした。

 プレイステーション4(PS4)とニンテンドー3DS(3DS)で同時に発売され、価格はPS4版が8980円(税抜き)、3DS版が5980円(同)を予定する。PS4と3DSの同時発売はゲーム業界では異例だという。

 平和な村「イシ」で育った主人公が、ある日村の成人の儀式に臨む。そしてそれをきっかけに、自分がかつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりであり、大きな使命を背負う者だと知る――これが「ドラクエ11」の物語の流れだ。

 これはPS4版も3DS版も変わらない。キャラクターや建物はどちらも3Dで描写されるが、3DS版では教会に行くことで2D表示に切り替えることができる。平面のマップを歩く昔ながらのドラクエを楽しめるというわけだ。他にも、かつてセーブデータの代わりとして使われていた「ふっかつのじゅもん」を入力すると、さらなるお楽しみが追加される要素もある。

 このように「ドラクエ11」はあらゆる世代のファンでも楽しめるように作られている。サブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」の意味も、過去作のファンにも楽しめるようにという狙いがあるという。「ドラクエ」生みの親である堀井雄二氏もまた、発表会で「ドラゴンクエスト30年の思いが全部このソフトに詰まっている」と語った。

 あらゆるファン層をターゲットにする戦略が、「ドラクエ11」のPS4と3DSの同時発売という形となって表れたようだ。ほかにも理由はないのか、スクウェア・エニックス広報に尋ねてみたが「より多くの人に楽しんでもらうため」という回答しか得られなかった。


トップにもどる dot.記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加