木村佳乃、綾野剛、菅野美穂…“大物”がバラエティーで全力投球するワケ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木村佳乃、綾野剛、菅野美穂…“大物”がバラエティーで全力投球するワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
木村佳乃(c)朝日新聞社

木村佳乃(c)朝日新聞社

 女優の木村佳乃(40)が3月19日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演した。番組では「イモトと佳乃が行くカレンダーツアーinニュージーランド」と題し、タレントのイモトアヤコ(31)とカレンダー撮影に挑戦。だが、木村は「仲良しこよしでやるつもりはないの」とイモトに“宣戦布告”。芸人顔負けで体を張り、パイ投げゲームでは顔面でパイを受け、クリームまみれに……。イモトと同じ不細工な太眉メークも披露し、最後は水着姿で85メートルのスライダーから汚い池に飛び込んだ。

 木村といえば、キャリア20年を超え、今でも映画やドラマに引っ張りだこ。美人で清潔感のある人気女優というイメージが強いが、今回の放送でみせた女優らしからぬ姿にネット上では、「かっこよかった」「あの人凄い!」と絶賛する声が上がっているのだ。だが、木村に限らず、最近バラエティー番組でも全力で取り組む人気女優や俳優は意外と多いという。

「俳優でいえば綾野剛(35)もそうです。『番宣でバラエティー番組に出て、斜めに構えているヤツはあまり好きではない』という精神の持ち主なんです。最近では『めちゃイケ』(フジテレビ系)に出演し、芸人たちと『ナンパ対決』をしていましたが、全く変装をせずに渋谷で女性に声をかけていましたからね。『綾野剛と申しますが、少しだけ時間ありますか?』と言っただけでナンパに即成功していたのには『当たり前だろ!』と思いましたが……」(女性週刊誌の編集者)

 さらに、気取らない天真爛漫な明るさで、お笑い芸人からも人気が高いという女優も存在する。

「菅野美穂(39)もそうですね。例えば、2016年10月に放送された『オールスター感謝祭』(TBS系)でのハイテンションぶりが話題になりました。番組宣伝も兼ねて番組対抗で企画を行うバラエティーですが、お笑い芸人の永野(42)と一緒にステージにあがって、踊り狂いながらネタをやっていました。しかも、髪をかき上げて永野のモノマネを披露するほど。さらには、同じく芸人のハリウッドザコシショウ(43)のネタをリクエストし『ザコシ~!』と絶叫。で、ネタが始まるとゲラゲラと大爆笑。その振り切った感じに『菅野美穂ってこんな人だったのか』と驚いた視聴者も多かったようですが、そんな主演クラスの女優の壊れっぷりは、おおむね好印象だったようです」(前出の編集者)

 といっても、あくまで本業は女優。それがイメージ低下に繋がってしまう恐れもあるのではないだろうか?

「木村の場合、2年前にも『イッテQ!』に出演しているのですが、その時も熱湯風呂に入ったり、蛾の炒め物というゲテモノ料理を食べたりしていました。で、そんな体当たりのロケが視聴者の間で『凄い!』と話題になったんです。そして、この反響に木村自身『人生が変わった』と感じていたとか。ひと昔前まではイメージを優先して、バラエティー番組で女優が体を張ったり、素の自分をみせることはありませんでした。しかし、SNSが発達し、批判や称賛など芸能人に対して誰でも言及することができる昨今では、親近感を与えることが好感度アップに繋がってくる。大女優や俳優がバラエティーでも全力投球をする姿に視聴者も好感を持ち、人気の源の一つになっていくのだと思います」(スポーツ紙の芸能担当記者) 

 そんな、バラエティー番組での弾けっぷりが凄い大女優&俳優たち。今後も、意外な人気者が驚きの一面をみせてくれるかもしれない。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい