AERA dot.

石原さとみ 水をこぼしたADに…顔だけじゃない“意外な魅力”

このエントリーをはてなブックマークに追加

石原さとみ

石原さとみ

 女優の石原さとみ(30)が、女性誌『美的』(小学館)の読者が選ぶ「最もなりたい顔の有名人」に贈られる「美的ベストビューティウーマン」を受賞した。12月20日に都内で行われた授賞式に出席した石原は、スパンコールが刺しゅうされた水色のロングドレス姿で登場。クリスマスイブの誕生日を目前に控えて、「20代最後のいい思い出になった」と感激した様子だった。一方、22日にはORICON STYLEによる「女性が選ぶ『なりたい顔』ランキング」で、女優の北川景子(30)の四連覇を阻止して初の1位を獲得。“快進撃”が続いている。

【セクシー!石原さとみフォトギャラリー】

 今年は大ヒットした映画『シン・ゴジラ』や、主演ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)など話題作に出演し、仕事に恵まれた1年だった石原。その活躍ぶりがまだ記憶に新しいゆえ、女優オーラが漂う彼女の容姿に注目が集まることも多い。だが、業界関係者によると、その性格はとても人間味があり、お高くとまってないという。

「バラエティー番組『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の『ダーツの旅』のロケでは、住人とフランクに会話している姿が印象的でした。おじいさんから『マクワウリ』という瓜をもらうと『これ食べたいです。包丁がないんです。でも食べたいです、今』とおねだり。その後、すっかりおじいさんと打ち解けた石原は、家の台所を借りて自ら切り分けていました。さらに他の番組ですが、収録先に向かう途中で焼き鳥屋を見つけると、スタッフに『焼き鳥食べる?』と質問。お店の人に『こんにちはー』と声をかけ、店主オススメの鳥皮を『うまい!』と言いながら店先で食べるほど。そんな立ち振る舞いを見れば、美しいルックスとは裏腹に『いい人』なのがよくわかります」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 といっても、本番収録中での話。多少の演出が入っているのでは? と思ってしまうが、実はカメラが回っていない所でも、親しみやすく気遣いのできる人なんだとか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加