羽生結弦、自身の不甲斐なさに“ニヤケ”止まらず… 迷いなき挑戦と強い自信

2016/11/24 16:00

 ショートプログラム(SP)とフリーで後半に入れた4回転トゥーループに迷いがあった昨シーズンの序盤。羽生結弦はGPシリーズ初戦のスケートカナダで、SPでは2種類のジャンプが0点になる痛恨のミスを犯し、フリーではノーミスの演技をしたパトリック・チャン(カナダ)を技術点では上回ったものの、悔しい2位にとどまった。だがその悔しさを糧にして攻めの姿勢に転じ、SPに4回転ジャンプを2回入れる難度を上げた構成に挑戦。その結果、SP、フリーともに世界最高得点を塗り替えて史上初となる300点超えを実現する、322.40点を獲得したのだ。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦 GPシリーズ初戦2位でも「強気」を崩さない理由

    羽生結弦 GPシリーズ初戦2位でも「強気」を崩さない理由

    AERA

    11/10

    世界記録を出した羽生結弦が闘志を燃やした意外な相手とは?

    世界記録を出した羽生結弦が闘志を燃やした意外な相手とは?

    dot.

    12/7

  • 羽生結弦、ケガを乗り越えさらなる高みへ 4回転4本に「燃えますね」

    羽生結弦、ケガを乗り越えさらなる高みへ 4回転4本に「燃えますね」

    dot.

    10/27

    五輪連覇 羽生結弦の一言から始まった金メダルへの最強タッグ ブライアン・オーサーとの6年間

    五輪連覇 羽生結弦の一言から始まった金メダルへの最強タッグ ブライアン・オーサーとの6年間

    AERA

    2/17

  • 羽生結弦が描く“五輪連覇への道” 絶対の自信を持つショパンをさらに進化させる

    羽生結弦が描く“五輪連覇への道” 絶対の自信を持つショパンをさらに進化させる

    dot.

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す