ジョンソン、ヘーゲンズ…“助っ人評価”もカープが圧倒! プロ野球外国人通信簿<セ・リーグ編> (1/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジョンソン、ヘーゲンズ…“助っ人評価”もカープが圧倒! プロ野球外国人通信簿<セ・リーグ編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
力投する広島のジョンソン投手=上田幸一撮影、9月6日 (c)朝日新聞社

力投する広島のジョンソン投手=上田幸一撮影、9月6日 (c)朝日新聞社

【広島】
「S」ジョンソン:25試合15勝6敗、防御率2.13
「A」ヘーゲンズ:49試合7勝4敗、防御率2.64
「A」ジャクソン:63試合5勝4敗、防御率1.68
「C」ルナ:60試合、打率.288、4本塁打、32打点
「C」エルドレッド:89試合、打率.291、19本塁打、46打点

貢献度絶大のエースとリリーバー

 25年ぶりのリーグ優勝を決めた広島。助っ人たちの貢献度も非常に大きなものがある。特に来日2年目のジョンソンは先発ローテーションの柱として、ここまでリーグ最多の15勝を挙げ、防御率もリーグ2位とMVP級の働き。ヘーゲンズ、ジャクソンの2人は守護神・中崎へと繋ぐ勝利の方程式を確立させ、優勝決定までに42回を数えた逆転勝利の原動力となった。

 一方、野手陣では日本で実績のあるルナとエルドレッドが、ともに故障離脱、さらに外国人枠の影響で出番を分け合う形となり、数字的には期待を下回った。ただ、打線に入った時の存在感は大きく、来季も期待できる。一軍出場のなかったデラバー、プライディの2人は退団濃厚だが、その他の面々は連覇へ向けた重要な戦力になる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい