お家芸復活! シンクロ・チームが3大会ぶりの銅メダル (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お家芸復活! シンクロ・チームが3大会ぶりの銅メダル

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
チームで銅メダルを獲得したシンクロの選手たち(c)朝日新聞社

チームで銅メダルを獲得したシンクロの選手たち(c)朝日新聞社

 冒頭にひねりを加えたリフトを成功させると、次々と独創的なリフトを決めてみせた。体力が消耗する終盤にも、キレのある足技を披露。最後まで力いっぱいに演じ抜いた。

 演技を終え、祈るように採点を待つ日本チームに向けて表示された得点は、95.4333点。総合得点189.2056点となり、ウクライナを抜いて日本の銅メダルが確定した。

 デュエットの銅メダルに続いて、チームでのメダルも獲得した日本。今回、日本シンクロチームを率いた井村雅代ヘッドコーチは、試合前には「今まででもっとも厳しい練習を課したと思う」と話していた。コーチの指導の下、厳しい練習に耐え続けた結果が、この五輪で表れた。(文・横田 泉)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい