「このままでは死者がでる!」 沖縄・高江で見た国家権力によるむき出しの暴力

朝日新聞出版の本

2016/08/01 16:00

 ヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)建設問題に揺れる東村高江は、沖縄県の北部、やんばるとよばれる亜熱帯森林のなかにある約150人の住民が暮らす小さな集落だ。高江は米軍北部訓練場の真横に位置しており、現在でも、昼夜問わず毎日のようにヘリが飛んでいる。

あわせて読みたい

  • 「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    「日本語、分かりますかー?」 いまだ繰り返される沖縄への侮辱

    dot.

    9/30

    「日本人よー。早く気付いてほしい」高江から見えた“沖縄”というジレンマ

    「日本人よー。早く気付いてほしい」高江から見えた“沖縄”というジレンマ

    AERA

    8/30

  • 150人の村を500人の機動隊で制圧、混乱続く沖縄のヘリパッド移設

    150人の村を500人の機動隊で制圧、混乱続く沖縄のヘリパッド移設

    AERA

    7/28

    沖縄のヘリパッド建設強行に立ち上がった意外な人とは?

    沖縄のヘリパッド建設強行に立ち上がった意外な人とは?

    AERA

    10/24

  • 元防衛大臣・驚愕の発言「なんでこんなに必要だったの?」 沖縄・ヘリパッド建設強行の舞台裏

    元防衛大臣・驚愕の発言「なんでこんなに必要だったの?」 沖縄・ヘリパッド建設強行の舞台裏

    dot.

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す