災害支援30年…“ボランティアおばちゃん”が指南する「超実践的支援活動」

2016/05/14 07:00

 被災地を支援するボランティア活動をしたいと考える人は、少なくないだろう。しかし、“最初の一歩”がなかなか踏み出せない。「素人が出て行って、迷惑をかけてはいけない」と思うからだ。そこで、災害支援30年の経験がある66歳の“ボランティアおばちゃん”川渕映子さんに「すべきこと」「してはいけないこと」などの心得を聞いてみた。

あわせて読みたい

  • "善意の暴走"は逆効果? 【拡散希望】『支援呼びかけデマ』に要注意!

    BOOKSTAND

    4/15

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    AERA

    7/13

  • 感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    dot.

    4/29

    【震災10年】課題は支援のコーディネート 「『助けられます!』と手を挙げられる社会に」

    【震災10年】課題は支援のコーディネート 「『助けられます!』と手を挙げられる社会に」

    AERA

    3/7

  • 低体温症で死亡例も…改善進まぬ日本の避難所 「『大変だから仕方ない』のマインド変えるべき」と専門家

    低体温症で死亡例も…改善進まぬ日本の避難所 「『大変だから仕方ない』のマインド変えるべき」と専門家

    AERA

    10/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す