性的欲求だけじゃない! 不倫にハマる男の“悲しい性” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

性的欲求だけじゃない! 不倫にハマる男の“悲しい性”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ベッキー#不倫
男性が不倫する理由とは…(※イメージ)

男性が不倫する理由とは…(※イメージ)

 川谷絵音とベッキー、宮崎謙介・元衆院議員と女性タレント……有名人の不倫で世間が喧しい。一連の騒動は“ゲス不倫”とも報じられ、女性はもちろん、男性からも擁護する声は少ない。
   
 あきれ果てたという印象を与えたこの騒動。タレントや公人の立場や家庭人としてのモラルが問われているが、今回は、別の視点から男性が不倫する理由について考えてみたい。

 『男はなぜこんなに苦しいのか』(朝日新書)の著者で、心療内科医・産業医の海原純子氏に聞くと、そこには、性的欲求以外で不倫にのめり込んでしまう男の“悲しい性”があるという。

「人がハマる対象といえば、アルコールやたばこ、ギャンブル、そして仕事もそれにあたります。これらはうまくいっているときはもちろん、面白くないときが続いても、気分転換ができて、ふっと和みます。しかし、こうした物質や行動は精神的な依存を引き起こす場合があります。不倫も同様で、ここでは一種の『逃避行動』として考えることができるでしょう。不倫は一時的に葛藤から目を背けて、心理的に逃避できる場所になるのです」(海原氏)

 愛人との逢瀬は、日常生活の葛藤や嫌なことも忘れてしまう。そのとき脳内では、どんなことが起きているのか。

「モルヒネに似た作用があるといわれる、神経伝達物質『エンドルフィン』が増えて、面倒なことを忘れている状態になっています。不倫は、この心理的逃避の手段になっているといえるでしょう」(同)

 当然ではあるが、既婚男性が妻とは別に愛する存在ができた時、付き合う前に離婚してしまえば不倫は起こらない。また、妻と別れて不倫相手と再婚するケースも必ずしも多数とはいえないだろう。多くの場合、不倫男性は自らの家庭を壊したくない願望を持っているからだ。

「不倫は現実逃避の“バーチャルな世界”です。生活を共にしないため相手の欠点や問題点は見えにくいですし、たとえ不倫相手と結婚しても、現在の妻と同じような問題が出てくるのが、男性は潜在的にわかっているのでしょうね」(同)

 では、どういう男性が不倫にハマりやすいのか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい