風俗嬢から妊婦まで…前田敦子、映画やドラマに“引っ張りだこ”の不思議 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

風俗嬢から妊婦まで…前田敦子、映画やドラマに“引っ張りだこ”の不思議

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ドラマ
前田敦子

前田敦子

「けが人はなく、前田もすぐに謝罪しましたが、関係者は顔面蒼白だったそうです。前田は2012年からトヨタ自動車のCMに出演しているし、7月11日からスタートしたドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)ではヒロイン京子役で出演していますからね。場合によってはどちらも降板という事態になりかねないほどの大失態です」(同)

 事故当日について、スポーツ紙記者は「同乗者はなかったが、疲れがピークだったようだ」と明かす。

「前日は大阪でファンイベントを終え、19日は久々のオフだったそうです。4月には来春公開の映画『モヒカン故郷に帰る』の撮影で広島でロケを行い、その後は『ど根性ガエル』の撮影ですから……。交際が噂されている歌舞伎俳優の尾上松也ともお互い多忙で、なかなか会えないようですし。疲労もストレスも溜まっていておかしくない状況です」

 11月からは劇作家の岩松了が作・演出を手掛ける舞台『青い瞳』(東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)にも出演する。前田にとっては昨年の蜷川幸雄氏演出の「太陽2068」に続く二度目の舞台になる。

「昨年の初舞台も好評でしたし、映画もこれまでほとんど絶賛されています。とにかく彼女は監督や演出家の評判がすこぶる良くて、みんなに『次は、こんな感じのでやってみたいね』とすぐオファーされるほどです。ただ、それと視聴者の感じ方はまた別物ですが……」(映画関係者)

 ネット上では、その演技力を疑問視する書き込みもあるものの、前田は“プロ”に好かれる女優といえそうだ。

(ライター・浜中こまき)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい