廃校寸前だった離島の高校が地域活性の見本になるまで (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

廃校寸前だった離島の高校が地域活性の見本になるまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
「甘い」「理想」、いろんな言葉を言われてきた。

 でも、わたしは、とことん「志」という言葉にこだわっている。

 だから、わたしの会社の名前も「志縁塾」。

・志のある人間をつくる
・志のある人を縁でつなぐ
・志のある人を応援する

 そんな「思い」を持っている。

 言い続けて10年以上。

 わたしが言ってきたからだとは思っていない。

 ただ、「志教育」を言う人が増えた。

 NHKの大河ドラマ、「花燃ゆ」でも、吉田松蔭が、塾生に問いかける。

「あなたの志は、何ですか?」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい