野生化した凶暴ネコも“小笠原流”で可愛く大変身! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野生化した凶暴ネコも“小笠原流”で可愛く大変身!

dot.
捕獲された2ヶ月後には病院スタッフの足にスリスリするようになった
写真提供:小笠原自然文化研究所

捕獲された2ヶ月後には病院スタッフの足にスリスリするようになった 写真提供:小笠原自然文化研究所

2005年自動撮影機が捉えたカツオドリをくわえたマイケル
写真提供:小笠原自然文化研究所

2005年自動撮影機が捉えたカツオドリをくわえたマイケル 写真提供:小笠原自然文化研究所

海鳥保護のため設置したフェンスを何度も突破し、地元で

海鳥保護のため設置したフェンスを何度も突破し、地元で"ルパン"と愛称をつけられていた黒猫は船に乗る前の数日で人に慣れた 写真提供:小笠原自然文化研究所

船から下りたばかりのときは威嚇こそしなかったものの警戒心丸出し(写真上)
2ヶ月後にはすっかり家ネコの顔に
(写真下)
撮影:有川美紀子

船から下りたばかりのときは威嚇こそしなかったものの警戒心丸出し(写真上) 2ヶ月後にはすっかり家ネコの顔に (写真下) 撮影:有川美紀子



 これまで東京都獣医師会の元へ搬送されてきた小笠原ネコはすでに500匹を超えた。同獣医師会では年1回、小笠原を訪問し、イヌ・ネコを中心とした派遣診療を行っている。そして個体識別のためのマイクロチップを挿入し、ネコが脱走しても飼い主が突き止められるようになっている。さらに小笠原村や東京都など自治体、環境省、林野庁といった省庁、現地NPOなどでは、「猫を日常的に屋外で飼わない」「避妊去勢手術のメリット」など、適正飼養に関する情報を提示しており、室内飼いのためのテクニックを伝えたり、住民からの相談にも乗ったりしている。住民たちも飼い主会を結成し、適正飼養のためのルール作りやモラル向上に取り組んでいる。

 ネコの捕獲や管理が本格的になってきてから、アカガシラカラスバトという小笠原にしか生息していない希少な鳥は目に見えて数を増やし(2006年5月の東京都の報告書によるとは小笠原諸島の推定個体数は40羽以下とされていたが、現在はNPO法人小笠原自然文化研究所によれば200羽以上に増えたと考えられている)、その成果は毎年父島・母島で開催されるイベント「あかぽっぽの日」で住民に報告されている。

 官民で取り組んだ結果、今では住民が暮らす父島・母島に飼い主不明のネコはいなくなった。飼いネコの避妊去勢率は100%となっている。もう野生化ネコが増えることはない。ここに至るまでに10年近い歳月があった。やがて、小笠原から搬送されるネコもいなくなるだろう。

 各動物病院で馴化されたネコは、今後、里親制度を確立させ、希望者に手渡すことになるようだ(現在は病院に来る患者さんや病院スタッフが主な引き取り手となっている)。里親制度が軌道に乗れば、あなたも“小笠原流”でおしとやかになったネコといっしょに暮らせるかもしれない。
(島ライター 有川美紀子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい