ソニーの生物多様性への取組は 通勤途中の緑地から始まる!

2015/05/31 16:00

 5月22日(金)。この日は国際生物多様性の日である。この日、大崎駅からほど近いソニーのオフィスビルの裏にある緑地で、総勢50名ほどの老若男女が7〜8名のグループに分かれ、しゃがんだり、見上げたりしながらわいわいと盛り上がっていた。実はこれ、ソニーと明電舎による社員向け合同の自然観察会である。各グループにはリーダーがいて、それは(公財)日本自然保護協会(以下NACA-J)の自然観察指導員たち。参加者の男性は「観察会に出る前と後ではこの緑地はまるで別のものに見えてきましたよ。ビルの合間のこのスペースに、驚くぐらい生きものがいて、活動しているんです」と、笑顔で語ってくれた。この観察会は、2010年からソニーが環境活動の一環として始めたもので、すでに13回を数える。今回のテーマは「薫りから感じる」だ。

あわせて読みたい

  • 知ってましたか?意外なところにある横浜市内のトンボの楽園

    知ってましたか?意外なところにある横浜市内のトンボの楽園

    dot.

    8/27

    天才少女の発明がカエルをU字溝から救う!? 

    天才少女の発明がカエルをU字溝から救う!? 

    dot.

    5/9

  • 生物多様性の取り組み「Canon Bird Branch Project」 更新

    生物多様性の取り組み「Canon Bird Branch Project」 更新

    アサヒカメラ

    2/3

    夢の農場づくりに奮闘するカメラマンと料理家夫婦 8年間のドキュメンタリー

    夢の農場づくりに奮闘するカメラマンと料理家夫婦 8年間のドキュメンタリー

    AERA

    3/14

  • 今泉忠明が選ぶ「生き物を愉しむ本」ベスト5

    今泉忠明が選ぶ「生き物を愉しむ本」ベスト5

    週刊朝日

    8/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す