おいしいものを食べる幸せ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

おいしいものを食べる幸せ

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 新幹線で、わたしの後ろに50代の夫婦と思えるカップルが座っていた。

 何気なくそのふたりの会話を聞いてしまった。

 女性は、アーモンドチョコを食べていた。男性が言った。

男性「アーモンドチョコ好きだね」

女性「甘いもの食べていると、とっても幸せな気分になるじゃない」

男性「君の幸せは簡単だね」

女性「あなたも食べる?」

 そんな会話を聞いていて、「なるほど」と思った。

 たしかに、おいしいもの、好きなものを食べていると、心が満たされるかもしれない。

 そう考えると、すぐにお腹がすいて、おいしいものを「おいしい」と感じて食べることができるわたしは、とっても幸せだと思った。

 そして、何よりも、「おいしい」ものを「おいしい」と感じられる人は、それだけで幸せかも。

 わたしの祖母は、いろんなことで苦労した人だった。

 戦争、敗戦、貧乏、介護、家の没落などいろんな経験をした。

 でも、わたしたち孫にそんな不満を言ったことなどなかった。

 それよりも、「おいしいもの食べていると、嫌なことはみんな忘れるわ」と、いつも笑っていた。そんな祖母と祖父は、美味しいものに目がなかった。

「うなぎは、○○だよ」

「おまんじゅうは、△△の店だよ」

 と、お取り寄せなどない時代にもかかわらず、遠くまで買いに行ったり、わたしたち兄弟をそこまで連れて行ってくれた。

 ありがたいことにわたしたち兄弟は、そんな祖父母にいっぱいおいしいものを食べさせてもらった。

 家でも、そんなにお金があるわけでもなかったのに、おいしいものを料理してくれた。

 大家族だったけれど、ぶりを一匹なり買ってきて、お刺身、焼き、煮付けを作ってくれた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい