ハリルホジッチ監督誕生!! 日本代表から本田か香川が外される!? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハリルホジッチ監督誕生!! 日本代表から本田か香川が外される!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
バヒド・ハリルホジッチ新監督

バヒド・ハリルホジッチ新監督

12日、会見した霜田正浩技術委員長

12日、会見した霜田正浩技術委員長

 日本サッカー協会は3月12日、バヒド・ハリルホジッチ氏(62)を日本代表の新監督に招聘することを正式に決定した。同氏は、早ければ、明日にも来日し、都内のホテルで就任会見を開く。

 会見に応じた霜田正浩技術委員長は2月上旬、情報収集のため渡欧し、ハリルホジッチ氏と面会した。そして、サッカー観やサッカー哲学、日本サッカーへの意欲などを確認していったん帰国。その後、技術委員会での検討やサッカー協会幹部との面談を踏まえて、同氏を新監督の第一候補に決定した。

 ハリルホジッチ新監督は、アルジェリアを率いたブラジルW杯では試合ごとにシステムを変える奇抜な采配と、対戦相手に応じた変幻自在の攻守で同国を初のベスト16に導いた。チームとしての“引き出しの多さ”と、各選手の高い“戦術理解度”があって初めて可能になるが、もう一つ、ハリルホジッチ監督のサッカーのキーワードを上げるならカウンターになる。

 ブラジルW杯で上位に進出したチームのほとんどが鋭いカウンターを武器にしていた。唯一の例外は優勝したドイツで、バイエルン・ミュンヘン所属の選手を中心に、カウンターだけでなく遅攻でも強さを発揮した(カウンターからブラジルを7-1で粉砕した試合は衝撃的だった)。

 では、なぜカウンターのチームが上位に多いのか。その理由はFIFA(国際サッカー連盟)の定めた「国際Aマッチデー」にある。FIFAはW杯予選や、アジア杯など各大陸連盟主催の国際大会には、選手を送り出すことを所属クラブに義務付けている。しかしながら選手の年俸を支払っているのは各クラブだ。

 本田や香川を始め、メッシ、ネイマールら南米やアフリカの主力選手のほとんどはヨーロッパのクラブに所属している。クラブのオーナーにとって、リーグ戦の最中に主力選手を代表戦に出してチーム力がダウンしたら死活問題につながりかねない。このため欧州の各クラブが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)はFIFAに圧力をかけ、年々「国際Aマッチデー」の日数を削ってきた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい