85人で10万人にまさかの大勝利?! 『火男』が描く室町時代の驚愕の「史実」とは

2013/12/13 10:28

 第5回朝日時代小説大賞の授賞式が12月12日、東京都中央区で行われ、受賞作『火男』(朝日新聞出版)の著者、吉来(きら)駿作さんに賞金と記念品が贈られた。従来の枠にとらわれない時代小説の書き手を発掘する、と銘打つ賞だけあって、吉来さんはホラー小説作家出身。受賞作は、室町時代が舞台ながら、ハリウッド大作なみの痛快活劇ともいうべき快作だ。

あわせて読みたい

  • 12月号文芸評論家 菊池仁 Kikuchi Megumi奇想天外な着想と、波瀾万丈の物語を予感させる

    12月号文芸評論家 菊池仁 Kikuchi Megumi奇想天外な着想と、波瀾万丈の物語を予感させる

    12/9

    「全国でイメージ悪すぎ、滋賀県では良すぎ」の石田三成を描いた作家・今村翔吾さん 19年歴史・時代小説で1位に輝く

    「全国でイメージ悪すぎ、滋賀県では良すぎ」の石田三成を描いた作家・今村翔吾さん 19年歴史・時代小説で1位に輝く

    週刊朝日

    1/5

  • “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    週刊朝日

    12/30

    又吉直樹の最新作タイトル 「人」ではなく「人間」の2文字に込めた思いとは

    又吉直樹の最新作タイトル 「人」ではなく「人間」の2文字に込めた思いとは

    AERA

    10/26

  • 11月6日は「馬琴忌」。滝沢馬琴が空前の大作「南総里見八犬伝」にこめたメッセージとは?

    11月6日は「馬琴忌」。滝沢馬琴が空前の大作「南総里見八犬伝」にこめたメッセージとは?

    tenki.jp

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す