【プロ投資家が解説】円安で絶対にやってはいけない「投資のミス」ワースト1

『投資家の思考法』著者・奥野一成インタビュー

お金

2022/11/23 17:27

 円安だからといって、慌ててドル預金に変えても、意味がない。そう語るのは、長期厳選投資が専門のファンドマネージャーである奥野一成氏だ。主にプロの投資家から約4000億円の資産を預かり、運用実績を上げ続ける奥野氏は、日本におけるバフェット流投資のパイオニア。奥野氏の思考法を余すところなく解説した新刊『ビジネスエリートになるための 投資家の思考法』も、発売当初から話題を呼んでいる。「お金に困らない人生を送るにはどうしたらいいか?」という問いについて、さまざまな企業のケーススタディを通して考える、全ビジネスパーソン必携の書だ。

あわせて読みたい

  • 行き詰まる黒田日銀 動くに動けない状況?

    行き詰まる黒田日銀 動くに動けない状況?

    週刊朝日

    10/10

    「円預金」だけで大丈夫? インフレと円安の「目減り」阻止に「分散投資」

    「円預金」だけで大丈夫? インフレと円安の「目減り」阻止に「分散投資」

    週刊朝日

    8/1

  • 投資で損切り、利確の「そもそもの間違い」専門家が指摘

    投資で損切り、利確の「そもそもの間違い」専門家が指摘

    AERA

    2/14

    円安「あと2、3年で1ドル110円もあり得る」と専門家

    円安「あと2、3年で1ドル110円もあり得る」と専門家

    AERA

    2/26

  • 24年ぶりの為替介入は必要なかった? 円安阻止もインバウンドに期待「ちぐはぐな対応」

    24年ぶりの為替介入は必要なかった? 円安阻止もインバウンドに期待「ちぐはぐな対応」

    AERA

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す