ステージIVのがん患者が語る 後悔しない治療を受けるために本当に必要なこと (1/4) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ステージIVのがん患者が語る 後悔しない治療を受けるために本当に必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

後閑愛実(ごかん・めぐみ)/正看護師。BLS(一次救命処置)及びACLS(二次救命処置)インストラクター。看取りコミュニケーター
看護師だった母親の影響を受け、幼少時より看護師を目指す。2002年、群馬パース看護短期大学卒業、2003年より看護師として病院勤務を開始する。以来、1000人以上の患者と関わり、さまざまな看取りを経験する中で、どうしたら人は幸せな最期を迎えられるようになるのかを日々考えるようになる。看取ってきた患者から学んだことを生かして、「最期まで笑顔で生ききる生き方をサポートしたい」と2013年より看取りコミュニケーション講師として研修や講演活動を始める。また、穏やかな死のために突然死を防ぎたいという思いからBLSインストラクターの資格を取得後、啓発活動も始め、医療従事者を対象としたACLS講習の講師も務める。現在は病院に非常勤の看護師として勤務しながら、研修、講演、執筆などを行っている。著書に『後悔しない死の迎え方』(ダイヤモンド社)がある。

後閑愛実(ごかん・めぐみ)/正看護師。BLS(一次救命処置)及びACLS(二次救命処置)インストラクター。看取りコミュニケーター 看護師だった母親の影響を受け、幼少時より看護師を目指す。2002年、群馬パース看護短期大学卒業、2003年より看護師として病院勤務を開始する。以来、1000人以上の患者と関わり、さまざまな看取りを経験する中で、どうしたら人は幸せな最期を迎えられるようになるのかを日々考えるようになる。看取ってきた患者から学んだことを生かして、「最期まで笑顔で生ききる生き方をサポートしたい」と2013年より看取りコミュニケーション講師として研修や講演活動を始める。また、穏やかな死のために突然死を防ぎたいという思いからBLSインストラクターの資格を取得後、啓発活動も始め、医療従事者を対象としたACLS講習の講師も務める。現在は病院に非常勤の看護師として勤務しながら、研修、講演、執筆などを行っている。著書に『後悔しない死の迎え方』(ダイヤモンド社)がある。

鈴木信行(すずき・のぶゆき)/患医ねっと代表。ペイシェントサロン協会会長。精巣腫瘍患者友の会副代表
1969年、神奈川県生まれ。先天性の疾患「二分脊椎症」による身体障がい者2級。20歳にて精巣がんを発症、24歳にて再発、転移を経験。46歳にて甲状腺がんを発症、加療中。工学院大学工学部電子工学科を卒業後、第一製薬(現・第一三共)の研究所に入社。13年間にわたり製薬、製剤に関する研究所に勤め、2007年退職。2011年より患医ねっとを立ち上げ、患者・身体障がい者の立場から、よりよい医療環境の実現を達成するために全国各地で講演や研修活動を行っている。2011~2016年には朝日新聞デジタルに「のぶさんの患者道場」を300回以上連載し、患者ならず医療者からも高い評価を得た。北里大学薬学部、上智大学助産学専攻科非常勤講師、日本医科大学倫理委員会外部委員、公益財団法人正力厚生会専門委員。著書に『医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方 病気でも「健康」に生きるために』(さくら舎)がある。(Photo by おかざきゆか)

鈴木信行(すずき・のぶゆき)/患医ねっと代表。ペイシェントサロン協会会長。精巣腫瘍患者友の会副代表 1969年、神奈川県生まれ。先天性の疾患「二分脊椎症」による身体障がい者2級。20歳にて精巣がんを発症、24歳にて再発、転移を経験。46歳にて甲状腺がんを発症、加療中。工学院大学工学部電子工学科を卒業後、第一製薬(現・第一三共)の研究所に入社。13年間にわたり製薬、製剤に関する研究所に勤め、2007年退職。2011年より患医ねっとを立ち上げ、患者・身体障がい者の立場から、よりよい医療環境の実現を達成するために全国各地で講演や研修活動を行っている。2011~2016年には朝日新聞デジタルに「のぶさんの患者道場」を300回以上連載し、患者ならず医療者からも高い評価を得た。北里大学薬学部、上智大学助産学専攻科非常勤講師、日本医科大学倫理委員会外部委員、公益財団法人正力厚生会専門委員。著書に『医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方 病気でも「健康」に生きるために』(さくら舎)がある。(Photo by おかざきゆか)

 人は自分の死を自覚した時、あるいは死ぬ時に何を思うのか。そして家族は、それにどう対処するのが最善なのか。

 16年にわたり医療現場で1000人以上の患者とその家族に関わってきた看護師によって綴られた『後悔しない死の迎え方』は、看護師として患者のさまざまな命の終わりを見つめる中で学んだ、家族など身近な人の死や自分自身の死を意識した時に、それから死の瞬間までを後悔せずに生きるために知っておいてほしいことを伝える一冊です。

「死」は誰にでも訪れるものなのに、日ごろ語られることはあまりありません。そのせいか、いざ死と向き合わざるを得ない時となって、どうすればいいかわからず、うろたえてしまう人が多いのでしょう。

 今回は、『後悔しない死の迎え方』の著者で看護師の後閑愛実(ごかんめぐみ)さん、『医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方 病気でも「健康」に生きるために』の著者で患者・身体障がい者の立場からよりよい医療環境の実現を目指して活動している、鈴木信行(すずきのぶゆき)さんによる対談を収録しました。

●医師の使命は病気を治療することではない?

鈴木信行さん(以下、鈴木):医者や薬剤師の目的というのは、患者さんを治療することではなく、本来は生活の支援であり、法律にも「健康な生活を確保する」と書かれています。つまり医療者は、患者さんの健康な生活を支援する、確保することが本来の役割なんです。
 そんな中で、患者さん自身の健康な生活というものは一人ひとり違うわけですよ。だから患者さん自身が自分にとっての健康な生活とはどういうものだと考えているのかを伝えないと。

後閑愛実さん(以下、後閑):たとえば、子どもやお孫さんたちと一緒に暮らしたいなのか、病気があってもいいが痛みはなくしてほしいなのか、食事が好きだから食事ができるのなら何でもしますなのか、ダンスが好きだからダンスを踊っていたいなどということがありますよね。

鈴木:そうです。一人一人考え方は違うわけですから、医療者に伝えないと。そうしないと医療者は、本来何していいのかがわからない、それが伝わらないから医療者は症状だけに合わせた治療、言うなればマニュアル通りの治療をすることがよしとされているわけです。
 しかし、本来はそうではなく、患者側が自分の健康な生活感をきちんとお伝えするものです。
 医師もそれを診察室で言われただけでは忘れてしまうかもしれませんし、言葉で文章にして読み合わせをするような形で共通認識として持っていてほしい。なので私は、自分の健康な生活感を含めて、どういう人生を送りたいのかということを文字にして主治医に渡しています。
 もちろん、主治医だけではなく、家族やかかりつけの薬剤師さんにも見せることで、自分がどういう人生を送りたいのかを文字にして伝えておくといいと思っています。作るのはなかなか難しいですけれどね。

後閑:自分が望む健康な生活とはどんなものかと、おそらく普段から考えておかないと、病気の時、ましてや手術前や死が差し迫っているような切羽詰まった時に考えられるはずがないですよね。普段から考えておいてほしいです。

鈴木:「健康な生活」というと、誰しもなかなか考えたことのないキーワードだとは思います。
 けれど、あなたにとって大切な人、大切な時間の過ごし方、大切なことやもの、それは何ですか? 宝物は何ですか? ということで思い浮かんだキーワードでいいので、それを文字にするんです。
 すると、人によっては仕事だったり、お金だったり、仲間だったり、財産や家ということもあるだろうし、孫や家族なんてことも出てくるでしょう。そういったものを文字にしてお伝えするだけでも最初はいいのではないかと思います。
 それを、例えば入院が決まったとか新しい病気が見つかったとか、事あるごとに書き直して、主治医を含めた周りにお渡しするんです。
 自分の中でも人生観というものは当然変わってくるでしょうし、変わってきていいものですし、それがわかってきます。それをまわりとの共通認識としておくことがよりよい医療を受けるコツかなと思います。

後閑:確かに価値観は人それぞれですから、自分の価値観と医師の価値観が同じかどうかはわかりませんし、文字にして客観的にわかりやすくして伝えることが大事ですね。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい