日本人が知らない!世界最古の宗教「ゾロアスター教」がその後の宗教に残した影響

出口治明ダイヤモンド・オンライン

哲学と宗教全史
出口 治明
978-4478101872
amazonamazon.co.jp

 世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。

 その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著がついに8月8日にリリースされた。聞けば、BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説したとか。

 なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?

 脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、原稿を読んだ某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』。発売直後に大きな重版が決まった出口治明氏を直撃した。(構成・藤吉豊)

●人類初の世界宗教「ゾロアスター教」

――そもそも「宗教」は、いつ誕生したのですか?

出口:今から約1万2000年前、メソポタミア地方で起きた「ドメスティケーション」を経て、人間は宗教という概念を考え出したと推論されています。

 ドメスティケーションには飼育、順応、教化などの意味があります。ドメスティケーション以降、人間は定住し、世界を支配し始めました。植物を支配する農耕に始まり、動物を支配する牧畜、さらには金属を支配する冶(や)金(きん)と、植物、動物、金属、すべてを人間が支配するようになりました。ドメスティケーションは、狩猟採集生活から農耕牧畜生活への転換であったのです。

 周囲に存在するものを順次、支配していった人間は、次にこの自然界を動かしている原理をも支配したいと考え始めたのです。

 誰が太陽を昇らせるのか、誰が人の生死を定めているのか、何者かが自然界のルールをつくっているのでは、と考え始めた。

 そして、超自然的な神の存在を意識し始めた人間は、太陽神や大地母神信仰を経て、自然の万物に神の存在を意識するようになり、原始的な多神教の時代へと進みます。
その後、後世の宗教に多大な影響を与えた人類初の世界宗教が生まれました。ゾロアスター教です。

――ゾロアスター教の創始者は誰なのですか?

出口:BC1000年(プラスマイナス300年)頃、古代のペルシャ、現代のイラン高原の北東部に、ザラスシュトラという宗教家が生まれました。ザラスシュトラの英語読みがゾロアスターです。ザラスシュトラは古代社会には珍しく具象的な思考能力を有した人物だったようで、ゾロアスター教の教義はまことに論理的で、しかも明快でした。

続きを読む

次ページ>

ゾロアスター教とは、どのような宗教?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック