コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神舘和典

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典

神舘和典

1962年東京生まれ。音楽ライター。ジャズ、ロック、Jポップからクラシックまでクラシックまで膨大な数のアーティストをインタビューしてきた。『新書で入門ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』(以上新潮新書)『25人の偉大なるジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。「文春トークライヴ」(文藝春秋)をはじめ音楽イベントのMCも行う。

  • NEW

    元ちとせが語る「お酒を飲んで炬燵で亡くなったお兄ちゃんの三味線の音」

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     奄美大島出身で今も奄美で暮らすシンガー、元ちとせが自分の原点である奄美シマ唄を歌い三味線も演奏する『元唄(はじめうた) ~元ちとせ 奄美シマ唄集~』をリリースした。奄美で歌い継がれている「朝花節」「くるだんど節」「行きゅんにゃ加那節」などを圧倒的な歌唱で聴かせる。元ちとせがシマ唄について語ってくれ...

  • ロックバンド・くるりの岸田繁が語る「交響曲第二番」を作った理由 

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     東京オペラシティコンサートホールで京都市交響楽団が3月30日、演奏会を行った。この夜のメインの演目は「岸田繁 交響曲第二番」。ロックバンド、くるりのヴォーカリストでギタリストの岸田繁が作曲した交響曲だ。岸田もホールに訪れ、開演前と終演時にフォーマルな服装で挨拶をした。ロックミュージシャン...

  • 持田香織が独白「かつての水着の写真がばーんと出てしまって、悔やんだことも」

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     持田香織のソロデビュー10周年記念ミニアルバム『てんとてん』は、今の生身の持田がそのまま音楽になった作品だ。ELT(Every Little Thing)のライヴでハイテンションで歌い客席を煽る姿からはイメージしづらい、少女の心を持ち続ける持田の音楽を楽しめる。「今作は4枚目のソロアルバムです。7...

  • スガシカオが語る村上春樹の教え「誰にも真似のできない『文体』を身につける」

    LOVE YOU LIVE! dot.

     4月17日にリリースされるスガシカオの新作のタイトルが長い。『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』は、3年ぶり、11枚目のアルバムになる。「今、音楽を聴く環境が急速に変わっています。CDよりも配信が主流になりつつある。パソコンやスマホの画面には次々とソングリストやアルバムリストが上がってくる...