コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 山田清機 大センセイの大魂嘆!

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • NEW

    「これがインテリの限界だとしたら…」大センセイ、連載を打ち止め

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「トンコ」。*  *  * その昔、新聞はインテリが作ってヤクザが売ると言われたものだが、現代の新聞販売拡張員はちょっと様子が違う。 先日...

  • 大センセイ、ガラケーからスマホへ…「もう、わかんない」と心で叫んだ日

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「携帯ショップにて」。*  *  * 噂には聞いていたが、平日の携帯ショップは「高齢者のためのスマホ教室」の様相を呈している。 大センセイ...

  • 「心を寄せる」って実は…大センセイ“黒白つけない”が気になる

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「黒白をつけない」。*  *  * ある大企業の社長で、右派の大物と目されている人物にインタビューをしたことがある。 ウハである、ウハ。 ...

  • 電車でおっさんに席奪われ…大センセイが問う「男らしさ」の所在

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「男らしく」。*  *  * 東海道線というのは、なかなか辛い電車である。 すでにご案内の通り大センセイ一家は引っ越しをしたのだが、転居先...

  • 初心者あるある? “ワイン”で冷や汗をかいた大センセイの話

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「カベルネ・ソービニヨン」。*  *  * ワインというのは、実にやっかいな飲み物である。そもそも、味がよくわからない。 以前、あるワイン...

おすすめの記事おすすめの記事