(6ページ目)内田樹〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • 内田樹「政権は詳細な説明を忌避し、話のつじつまを合わせる努力さえ惜しんでいる」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 毎日日替わりで新しいニュースが届けられるので、この原稿が印刷される頃に政局がどうなっているか予測がつかない。それでも「祇園精舎の鐘の声、盛者必衰の理をあらわす」という...

  • 内田樹「長期政権の没落を呼び込むのは為政者自身の無能や失政ではない」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 中国の第13期全国人民代表大会が開幕した。大会では国家主席の任期を撤廃する憲法改正案が採決される予定である。改正されると、習近平国家主席は終身国家主席となり、毛沢東以...

  • 内田樹「『短い目で見れば嘘は引き合う』の解釈が現実的だと人々は考えるようになった」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *「働き方改革関連法案」の趣旨説明で、「裁量労働制で働く人の労働時間が一般労働者より短いというデータもある」と安倍晋三首相が答弁した時、論拠とした資料の信頼性に疑義がある...

  • 内田樹「日本は人口減社会の世界最初の実験事例を提供することになる」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 編者として「人口減社会」についての論集を作った。21世紀末の日本の人口は中位推計で6千万を切る。80年でおよそ半減する勘定になる。驚くべきなのは、それがどのような社会...

  • 内田樹「#MeTooへのバックラッシュが仏で始まったことに興味覚えた」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 米国で#MeToo運動が始まったのは去年の秋のことである。ハリウッドの映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの性的ハラスメント疑惑がきっかけになって、映画界から...