小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。共著『足をどかしてくれませんか。』が発売中

  • 小島慶子「『当事者研究』の視点に学んで、誰もが生きやすい社会づくりを」

    小島慶子「『当事者研究』の視点に学んで、誰もが生きやすい社会づくりを」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    5/22

  • 小島慶子「日本に性的マイノリティー差別禁止の法律を 心掛けを説くだけでは人権は守れない」

    小島慶子「日本に性的マイノリティー差別禁止の法律を 心掛けを説くだけでは人権は守れない」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    5/15

  • 小島慶子「マウントでも追いつくのでもない 若い世代との対等な関係とは」

    小島慶子「マウントでも追いつくのでもない 若い世代との対等な関係とは」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    5/1

  • 小島慶子「現実逃避せず、オリンピックは中止の決断を」

    小島慶子「現実逃避せず、オリンピックは中止の決断を」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    4/24

  • 小島慶子「行き場のない人から希望を奪い、見殺しにしてはいけない。『入管法改正』に反対します」

    小島慶子「行き場のない人から希望を奪い、見殺しにしてはいけない。『入管法改正』に反対します」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    4/17

  • 小島慶子「ジェンダーギャップ指数120位の日本 今こそ思考回路を更新しよう」

    小島慶子「ジェンダーギャップ指数120位の日本 今こそ思考回路を更新しよう」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    4/10

  • 小島慶子「生っちょろい差別なんてない 一方を軽んじるゆがみは差別を助長する」

    小島慶子「生っちょろい差別なんてない 一方を軽んじるゆがみは差別を助長する」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    4/3

  • 小島慶子「多様性を体験できる、唯一無二の“ミュージアム”を守りたい」

    小島慶子「多様性を体験できる、唯一無二の“ミュージアム”を守りたい」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    3/27

  • 小島慶子「大学生になった長男へ カラフルで発見に満ちたキャンパスライフを願う」

    小島慶子「大学生になった長男へ カラフルで発見に満ちたキャンパスライフを願う」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    3/20

  • 小島慶子「東日本大震災から10年経って思えた 言葉にならないものや傷を認めてもいい」#あれから私は

    小島慶子「東日本大震災から10年経って思えた 言葉にならないものや傷を認めてもいい」#あれから私は

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    3/11

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す