小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。共著『足をどかしてくれませんか。』が発売中

  • 小島慶子「飲みニケーションは誰のため? コロナ後はみんなが楽しめる形になってほしい」

    小島慶子「飲みニケーションは誰のため? コロナ後はみんなが楽しめる形になってほしい」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    12/2

  • 小島慶子「居場所はここだよ セサミストリートのエルモが伝える多様性」

    小島慶子「居場所はここだよ セサミストリートのエルモが伝える多様性」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    11/25

  • 小島慶子「沼は落ちてみるもの BTS分析が教えてくれた自分の中の衝撃のバイアス」

    小島慶子「沼は落ちてみるもの BTS分析が教えてくれた自分の中の衝撃のバイアス」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    11/18

  • 小島慶子「やりがい搾取の働き方をなくすために働く人の権利教育こそ必要」

    小島慶子「やりがい搾取の働き方をなくすために働く人の権利教育こそ必要」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    11/11

  • 小島慶子「『最もいいお金の使い方』とは 民間ロケットより資産額より寄付額に注目を」

    小島慶子「『最もいいお金の使い方』とは 民間ロケットより資産額より寄付額に注目を」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    11/4

  • 小島慶子「夫婦別姓、同性婚、皇族の結婚…個人の尊厳や自由よりイエの形が大切ですか?」

    小島慶子「夫婦別姓、同性婚、皇族の結婚…個人の尊厳や自由よりイエの形が大切ですか?」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    10/28

  • 小島慶子「選挙は社会への意思表示 若者や女性が重視する政策、何だと思いますか?」

    小島慶子「選挙は社会への意思表示 若者や女性が重視する政策、何だと思いますか?」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    10/21

  • 小島慶子「皇族も一人の人間 問うべきは人ではなく制度」

    小島慶子「皇族も一人の人間 問うべきは人ではなく制度」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    10/14

  • 小島慶子「金沢プライドウィーク2021で多様性を考えた 一部の人の利益ではなく」

    小島慶子「金沢プライドウィーク2021で多様性を考えた 一部の人の利益ではなく」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    10/7

  • 小島慶子「発信はもはや特権ではない 政治家や記者は生きた言葉で伝える語りのスキルを」

    小島慶子「発信はもはや特権ではない 政治家や記者は生きた言葉で伝える語りのスキルを」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    9/30

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す