江利川ちひろ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江利川ちひろ

江利川ちひろ

江利川ちひろ

江利川ちひろ(えりかわ・ちひろ)/1975年生まれ。NPO法人かるがもCPキッズ(脳性まひの子どもとパパママの会)代表理事、ソーシャルワーカー。双子の姉妹と年子の弟の母。長女は重症心身障害児、長男は軽度肢体不自由児。2011年、長男を米国ハワイ州のプリスクールへ入園させたことがきっかけでインクルーシブ教育と家族支援の重要性を知り、大学でソーシャルワーク(社会福祉学)を学ぶ。

  • NEW

    出産の喜びから一転、直面した「早産」の現実 NICUの優しさが心を支えてくれた

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■初めて知った早産の...

  • 「環境が整うなら、ハワイに住むべきだと思う」 障害のある子の母が涙した医師の言葉

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■「困ったらすぐに連...

  • 「ハワイに来てみませんか?」 障害ある子どもの就園に悩む母親が日本脱出を決意した一通のメール

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■友だちと学べる環境...

  • 障害をオープンに伝える勇気 「スーパーシューズ」が子どもたちをつないでくれた

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

     「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんがその大切さや日本での課題を伝えます。■新学期に抱いた不安 もうすぐ4月、...

  • 「あなたは絶対に頑張ってはいけない」 障害のある子どもの育児観をガラリと変えたひと言

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害のある子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、その大切さや日本での課題を伝えます。■この家族でよかったと思える はじめ...

おすすめの記事おすすめの記事